平成24年 保健医療サービス分野 問題41 解説・解答

平成24年 第15回 保健医療サービス分野 解説・解答 介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験


≪戻る

問題41 【高齢者に多い疾患】 難易度 中

問題40とは、うってかわって基本中の基本であるのが問題41。本試験ではこういった、どの受験生さんも得点しやすい問題こそ、ケアアレスミスなどで取りこぼさないことが重要となります。1点を競うのは、難問ではなく、基本問題なのですね。
1つの疾患に特化した問題が減り、各種疾患がちょこっとずつ顔を出す、いわゆるアラカルト問題が増えた医療分野試験問題。
では、どんな疾患が多く登場しているのかカウントしてみましたので学習のご参考になさってみてくださいね。
過去の試験に何回も出た疾患名 ベスト 20位 多い順番                  
1位 認知症(アルツハイマー病、若年性認知症、血管性認知症等含む)
2位 がん(悪性腫瘍、肺がん、子宮頸がん、肝細胞がん等含む)
3位 褥瘡
4位 せん妄
5位 パーキンソン病
6位 糖尿病
7位 肺炎(誤嚥性肺炎含む)
8位 老年期うつ病
9位 尿路感染症
10位 慢性閉塞性肺疾患
11位 結核
12位 MRSA
13位 廃用症候群
14位 帯状疱疹
15位 ノロウィルス感染症
16位 筋委縮性側索硬化症
17位 関節リウマチ
18位 四肢麻痺
19位 骨粗鬆症
20位 脊髄小脳変性症


1○
心臓発作(心筋梗塞)を起こした人の3人に2人は、発症する数日あるいは数週間前に、間欠的な胸痛(狭心症(冠動脈疾患: 狭心症を参照))、息切れ、疲労感がみられます。痛みはより頻繁に起きるようになり、運動量をいくら少なくしても起こるようになります。これらの胸痛パターンの変化(不安定狭心症(冠動脈疾患: 狭心症を参照))は、心臓発作を起こすことで頂点に達します。

心臓発作の最も特徴的な症状は、胸の中央から背中、あご、左腕に広がる痛みです。頻度は少ないですが、痛みは右腕に広がることもあります。痛みが、これらの1カ所以上で起こっているのに、胸には起こらないこともあります。心臓発作の痛みは狭心症の痛みと似ていますが、より激しく長く続き、安静にしてもニトログリセリンを使用しても軽減しません。まれに、腹部に痛みを感じることもあり、特にげっぷをすると痛みが一時的に軽減したりする場合には、消化不良と誤解される可能性もあります。

心臓発作を起こした人の約3分の1では、胸痛がみられません。このような患者は、女性、有色人種、75歳以上の人、心不全や糖尿病のある人、脳卒中を起こしたことのある人に多くみられるとされています。

2×
食欲低下、全身倦怠感、頭痛、頭重、頭痛等の身体症状をしばしばともないます。

3○
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何度も止まり、血液と脳内の酸素量が減少して二酸化炭素量が増える状態になる睡眠障害です。

むずむず脚症候群は、身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態です。レストレスレッグス症候群(英: restless legs syndrome、RLS)、下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)ともいいます。静かに座っているときやベッドで眠ろうとしているときに、ふくらはぎのあたりにあいまいですが強くムズムズする感覚があり、脚を動かさずにいられなくなります。歩いたり脚を動かすと、ムズムズ感が和らぎます。睡眠中も、脚が勝手に動いて止められず、目が覚めてしまうことがよくあります。ストレスがあると特に起こりやすく、眠れずに非常に辛い思いをします。

4○
設問のとおりです。

5×
日常活動をできる限り多く行い、規則正しい運動プログラムにしたがって運動を続けることにより運動機能の維持を図ります。理学療法と作業療法は、筋肉の緊張の維持または回復、関節の可動域の維持、身体機能の適応方法の習得に役立ちます。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

他人の過ちから学ぶことが必要だ。
自分でそれらすべての過ちをするほど、長生きはしないのだから。
byハイマン・G・リッコーバー♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ