平成24年 福祉サービス分野 問題48 解説・解答

平成24年 第15回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題48 【地域援助技術】 難易度 易

3つに分類されるソーシャルワークに関する出題も、近年の本試験の傾向といえます。
相談・面接においては、ソーシャルケースワークを問うことにもなりますので、他の2つであるソーシャルグループワーク(集団援助技術)もしくは、ソーシャルコミュニティーワーク(地域援助技術)のうちから1問出される可能性が高いことに。
事例問題としても作成しやすいので、地域援助技術についても基礎的な知識はもっておきたいところです。
少しさかのぼりますが、16年度 問題49は、コミュニティーワークに関する良問ですので、ぜひご確認なさってみてくださいね。

1×
コミュニティワークの機能として、その活動領域を高齢者保健・福祉サービスとの関連を軸に整理してみると、サービス供給面に関して、地域におけるサービス資源の開発、充実、改善を地域において行うことがあげられます。

2○
設問のとりです。


3×
福祉サービスの供給側に対する諸活動は、同時に地域社会全体に対しても例えば、保健・福祉・教育といったような領域の諸集団間の交流を活発にするなどといったはたらきかけを呼び起こし、またそれと連動するとされます。

4○
設問のとおりです。

5×
わが国では、国・都道府県・市町村の社会福祉協議会が中心的役割を担う部分もありますが、
同時に多くの、NPO、NGOもまた多様に組織され活動を展開していることは御存知のとおりです。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

人生の中で目指しているものが
はっきりしている人は
いくつになってもエネルギーがある。
by羽生善治♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ