平成24年 介護支援分野 問題9 解説・解答

第15回介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験 平成24年 過去問題 2012


≪戻る

問題9 【介護保険事業計画】 難易度 中

試験出題範囲でいうと、介護保険事業計画という部分の問題になります。合格オンラインの模擬試験3回で必ず1問は介護保険事業計画という問題が出ていました。いいかえると本試験で1問は出ることは事前に分かっていました。ちなみに模擬試験は下記になります。太線のものが的中していました。

1回目模擬試験-問題 2
都道府県介護保険事業支援計画で定めるべき事項について正しいものはどれか。3つ選べ。
1 介護サービス情報の公表に関する事項
2 認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数
3 該当する区域ごとに地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護の必要利用定員総数
4 介護保険施設の種類ごとの必要入所定員総数
5 介護給付費等の対象サービスの見込み量

2回目模擬試験-問題 16
介護保険事業計画について適切なものを3つ選べ。
1 都道府県知事は、介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するための基本的な指針を定めるものとする。
2 市町村長は、基本指針を定め、又はこれを変更するに当たっては、あらかじめ、都道府県知事その他関係行政機関の長に協議しなければならない。
3 市町村は、基本指針に即して、三年を一期とする当該市町村が行う介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施に関する計画を定めるものとする。
4 市町村介護保険事業計画では認知症対応型共同生活介護の必要利用定員総数見込み量を定めなければならない。
5 市町村介護保険事業計画は、市町村老人福祉計画と一体のものとして作成されなければならない。


3回目模擬試験-問題 12
介護保険事業計画について正しいものはどれか。2つ選べ。
1 市町村は、市町村介護保険事業計画と市町村老人福祉計画は調和が保たれたものを作成しなければならない。
2 都道府県介護保険事業支援計画は、都道府県老人福祉計画及び医療計画と一体のものとして、作成されなければならない。
3 市町村介護保険事業計画は、5年を1期として定める。
4 市町村介護保険事業計画では、認知症支援対策を盛り込むよう努力しなければならない。
5 都道府県介護保険事業支援計画では、介護支援専門員の資質向上に資する事業を計画に盛り込むよう努力しなければならない。

1×
3年を1期が正しいですね。これはできたと思います。

2○
設問のとおりです。

3×
一体のものとして作成されるものは老人福祉計画でそれ以外は調和と覚えるよう模擬試験DVDでご説明したとおりですね。

4○
模擬試験とドンピシャです。

5○
設問のとおりですが、3回目模擬試験で【一体】と【調和】の違いを理解された方は容易に解答できたと思われます。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

気が小さいというのは、気が優しいということでもある。
byドラマ『3年B組金八先生第4シリーズ』♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ