平成25年 介護支援分野 問題15 解説・解答

平成25年 第16回 介護支援分野 解説・解答


≪戻る

問題15 出題テーマ【要介護認定 申請】 難易度 易

第16回試験、支援分野難易度ランク25位 一番カンタンな問題といってもよいでしょう。
この問題も、超ーーー定番なので、【はずすわけにはいきません。】

◆学習のポイント
新規の場合の申請代行できる機関等
更新の場合の申請代行できる機関等
この2つを表に整理できている受験生は、楽勝で正答できていると思われます。

表にまとめると

新規・更新

本人

成年後見人

家族、親族等、

民生委員、介護相談員等

地域包括支援センター

居宅介護支援事業者

地域密着型介護老人福祉施設

介護保険施設

社会保険労務士

上記の中で省令で定めるもの

(罰則など受けていないこと)

介護保険法第27条第1項をご確認ください。
(要介護認定)
第二十七条  要介護認定を受けようとする被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、申請書に被保険者証を添付して市町村に申請をしなければならない。この場合において、当該被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、第四十六条第一項に規定する指定居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設若しくは介護保険施設であって厚生労働省令で定めるもの又は第百十五条の四十六第一項に規定する地域包括支援センターに、当該申請に関する手続を代わって行わせることができる。

1○
上記表より、○を選択します。

2×
上記表より、×を選択します。

3×
上記表より、×を選択します。

4×
上記表より、×を選択します。

5○
上記表より、○を選択します。

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ