平成25年 介護支援分野 問題20 解説・解答

◆注目 情報◆ 

第19回ケアマネ試験解答速報はコチラから

平成25年 第16回 介護支援分野 解説・解答


≪戻る

問題20 出題テーマ【居宅サービス計画】 難易度 易

今年に限り、居宅サービス計画に関連する内容の出題が多かったのですが、今後の試験では下記のカテゴリーごとのケアプランの運営基準がローテーションで試験に出題される可能性が高いので、マークしておく必要があります。

自立(非該当者)のケアプラン → 地域支援事業でおこなう介護予防ケアプラン
要支援者のケアプラン → 介護予防サービス計画
居宅の要介護者のケアプラン → 居宅サービス計画
地域密着型サービス関係のケアプラン → 小規模多機能型や認知症対応型や複合型等のケアプラン
施設のケアプラン → 施設サービス計画

上記のケアプランの作り方やルールの基本原則は同じなのですが、細かいところで少しずつ異なりますので、そういった部分が試験問題として出題される傾向があります。

1×
当該事業所への交付ではなく、本人へ交付しなければなりません。

2×
そのような規定はありません。


3○
運営基準第13条‐第10項
介護支援専門員は、居宅サービス計画の原案に位置付けた指定居宅サービス等について、保険給付の対象となるかどうかを区分した上で、当該居宅サービス計画の原案の内容について利用者又はその家族に対して説明し、文書により利用者の同意を得なければならない。

4×
そのような規定はありません。
注意しておきたい規定がありますので参考になさってください。
○別に厚生労働大臣が定める基準(平成24年厚労省告示第96号)
57 正当な理由なく、指定居宅介護支援事業所において前6月間に作成した居宅サービス計画に位置付けられた指定訪問介護、指定通所介護又は指定福祉用具貸与(以下この号において「訪問介護サービス等」という。)の提供総数のうち、同一の訪問介護サービス等に係る事業者によって提供されたものの占める割合が100分の90を超えていること。
上記のような場合は、特定事業所集中減算により、居宅介護サービス費から毎月200単位分が減算されます。

ひらたくいうと、居宅介護支援と訪問介護等が同一法人で、ある利用者さんの居宅サービス計画に仲間内の同一法人の訪問介護ばかりを位置づけていると、訪問介護に対して利益誘導にあたるので、ペナルティとして、減算されるという意味です。
だから、偏ったケアプランは作らないでくださいという趣旨が背景にあります。

5○
運営基準に記載されている通りです。

≪戻る



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ