平成25年 保健医療サービス分野 問題35 解説・解答

平成25年 第16回 保健医療サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題35 出題テーマ【悪性腫瘍】 難易度 難

過去問やっててよかったあああああああああああああ!!  こんな御声が聞こえそうなありがたい問題登場です。皆様、かるーーーく、クリアしていただけたでしょうか??
実はオンラインアンケートでは、難問王に輝いたのが問題35でもあります。過去問題を解いてみたか否かで、大きく難易度が変わることを証明するかのような問題でもありました。

問題35は、13回本試験の、問題36をアレンジしたものですね。ニュースなどで子宮頸がんワクチンの副反応についても大きく報道されていますので、気になりつつ学習なさった方も多かったかもしれません。
4つめのATLで迷ったとしても、明らかに×を2つ選んでしまえば残り3つは○なのだ!!と、気持ちを割り切る。こういった練習も大切と、オンライン模試のDVDで御伝えしていたとおりです。
また、オンライン模試解説冊子で御伝えしましたように、本試験・登場回数頻度【ベスト20】の疾患において、第2位が、【がん】となっています。出るに決まってる疾患です。
浅く広く、まんべんなく各疾患を学習したあと、精度を上げてゆくのが合格への近道ですね。

1×
ウイルスや細菌との関連は深いとされません。

2×
ヒトパピローマウイルスが関与する子宮頸がんとの、ひっかけ問題ですね。

3○
ヘリコバクターピロリ菌が関与するとされます。

4○
ヒトT細胞性白血病ウイルスが関与するとされます。

5○
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが関与するとされます。


過去の試験に何回も出た疾患名 ベスト 20位 多い順番                 
1位  認知症(アルツハイマー病、若年性認知症、血管性認知症等含む)
2位  がん(悪性腫瘍、肺がん、子宮頸がん、肝細胞がん等含む))
3位  褥瘡
4位  せん妄
5位  パーキンソン病
6位  糖尿病
7位  肺炎(誤嚥性肺炎含む)
8位  老年期うつ病
9位  尿路感染症
10位  慢性閉塞性肺疾患
11位  結核
12位  MRSA
13位  廃用症候群
14位  帯状疱疹 
15位  ノロウィルス感染症
16位  筋委縮性側索硬化症 
17位  関節リウマチ
18位  四肢麻痺
19位  骨粗鬆症
20位  脊髄小脳変性症

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

相手を批判するより、自分が見本になった方が、相手は気づく。
by福島正伸♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ