平成25年 福祉サービス分野 問題52 解説・解答

平成25年 第16回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題52 出題テーマ【短期入所生活介護】 難易度 易

法第8条第9項によれば、【短期入所生活介護】とは、『居宅要介護者について、老人福祉法第5条の2第4項の厚生労働省令が定める施設(特別養護老人ホームや養護老人ホームなど)または、同法第20条の3に規定する、老人短期入所施設に短期間入所させ、当該施設において入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行なう』こととされています。

この文章から、要介護1から5と認定された利用者さんで、居宅でサービスを利用しながら生活しておられるかたが、一時的に短期間、指定を受けた施設などに宿泊して過ごし、そこで介護を受けておられるすがたをイメージしていただけると思います。

利用者の心身の状況、家族の疾病、冠婚葬祭、出張、利用者の家族の身体的及び精神的な負担の軽減など、さまざまな理由で、短期入所生活介護の利用は可能です。

ここで提供される介護サービスは、日常の身辺生活への介護や介護に伴う調理、掃除、環境調整などの家事的援助、話し相手、相談、日常生活行動の訓練や機能訓練、健康管理、クラブ、教育娯楽などのリクレーションなど、日常的な生活への支援を中心に考えられています。

皆様が、居宅介護支援事業者で御活躍をはじめられたら、きっとどなたかのプランに組み込むことがありますので、できればパンフなども入手して、ケアマネ目線でチェックもなさってみてくださいね。

1×
冒頭文章にもありますように、そのような規定はありません。短期入所療養介護サービスとの相違点はしっかりつかんでおきたいところでしょう。

2○
設問のとおりです。
ケアマネとして活躍を始めたら、利用する可能性のあるショートの体系把握も必要ですね。

3○
さて、ここで質問です!! 緊急やむを得ないとは、いったいどのような状態をさすのでしょうか???

正解は、① 切迫性 ② 非代替性 ③ 一時性 この3つの要件をすべて満たし、かつ、それらの要件等の確認等の手続きが、きわめて慎重に実施されているケースに限られる とされます。

4×
(短期入所生活介護計画の作成)第129条-3
3 指定短期入所生活介護事業所の管理者は、短期入所生活介護計画の作成に当たっては、その内容について利用者又はその家族に対して説明し、利用者の同意を得なければならない。

5○
設問のとおりです。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

能力とは、素質×教育努力である。
by関本忠弘♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ