平成25年 福祉サービス分野 問題58 解説・解答

平成25年 第16回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題58 出題テーマ【社会資源】 難易度 難

過去の本試験では15回問題57、13回問題58において、介護保険給付以外の資源について、介護支援専門員が活用する社会資源について問うかたちで、社会資源に関する問題が出されています。要介護者等を地域社会で支援していくためには、一方で公的サービスを中心とするフォーマルな分野のサービスが、他方でインフォーマルな分野とされる家族、近隣、ボランティア等による、サポートが必要不可欠な条件とされます。これら、両者をあわせてケアの社会資源とします。
在宅であっても、施設であってもケアプランに、フォーマルサービス以外のものを積極的に位置づけていくことが介護支援専門員にはのぞまれることを念頭に学習をすすめましょう。
介護支援専門員が活用する社会資源として、下記も把握しておきましょう。
① 年金や生活保護といった所得保障サービス
② 医療保険サービス(急性期の医療サービス、介護保険での例外規定による訪問看護サービス)
③ 市町村が実施している保健福祉サービス等(配食サービス、移送サービス、訪問指導、地域によってはごみの回収や、雪かきサービスなど)
④ 利用者の人権や公正を守るサービス(成年後見制度、日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業))
⑤ 住宅にかかわるサービス(サービス付き高齢者向け住宅、公営住宅、市町村が実施する住宅改修サービスなど)
⑥ 安全を守るためのサービス(緊急通報システムなど)


1○
設問のとおりです。 居宅介護支援サービスは、支援対象者(この場合には、高齢者およびその家族)、社会資源、介護支援専門員の三者で構成されることになります。要介護者自身の能力、資産、あるいは意欲といった内的資源や、家族が社会資源となること等も踏まえ、協働が望まれるところです。

2×
たとえば、配食サービスを例にしてみますと・・・。介護保険の給付にはありませんが、条例によって【市町村特別給付】として位置づける市町村もありますよね。この場合には、株式会社、NPO法人の参加も考えられます。インフォーマルサポートが、フォーマルな行政の財政的補助で展開されることもある好例です。

3○
たとえ介護が必要となっても、その方が、地域の一員であることに、変わりないですよね。
介護保険の給付以外にも、利用できる社会資源、活用したい社会資源はたくさん存在します。
保健医療、福祉、住宅などに関するサービスはもちろんのこと、これら以外のサービスも理解しておく必要があるでしょう。

4×
介護が必要となったからといって、何もかも失ったわけではありませんよね。要介護者自身の能力、資産、さらには意欲といったものも、介護支援専門員は活用することになります。
このような資産のことを、社会資源に対比させて、内的資源(INNER RESOURCES)と呼ぶことがあります。

5×
最後の、最後で、読み間違えたああああああああああ!! なんて方、おられないですか??
インフォーマルサポートのなかでも、家族は柔軟に対応できる最たるものとされます。
た・だ・し。インフォーマルサポートは、柔軟な対応が可能ですが、ときに専門性が低いこともあり、一般に安定した供給にも難があるとされます。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

無知が故意の場合は犯罪である。
byサミュエル・ジョンソン♪ 

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ