平成26年 介護支援分野 問題18 解説・解答

平成26年 第17回 介護支援分野 解説・解答


≪戻る

問題18 出題テーマ【ケアプラン全般】 難易度 易

問題17に続き、居宅サービス計画およびケアプラン全般の出題です。
特に難しくはないのですが、生活保護受給者のケアプラン作成上の留意事項を問う選択肢になっていれば良問なのでしょうが、選択肢4と5があまり意味を成さないようです。

1○
標準項目名
●基本情報(受付、利用者等基本情報)
●生活状況
●利用者の被保険者情報
●現在利用しているサービスの状況
●障害老人の日常生活自立度
●認知症老人の日常生活自立度
●主訴
●認定情報
●課題分析(アセスメント)理由
●健康状態
●ADL
●IADL
●認知
●コミュニケーション能力
●社会との関わり
●排尿・排便
●褥瘡・皮膚の問題
●口腔衛生
●食事摂取
●問題行動
●介護力
●居住環境
●特別な状況

2○
運営基準第13条に記載されています。

3×
3か月ごとの報告義務はありません。

4×
居宅介護支援事業者が作成します。

5×
そのような規定はありません。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

先入観を取り除くために、常に「なぜ」と自問しない者は、どんなに勉強しようとも怠け者だ。
byトーマス・フラー♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ