平成26年 保健医療サービス分野 問題31 解説・解答

平成26年 第17回 保健医療サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題31 出題テーマ【健康日本21(アルコール)】 難易度 易

高齢者 ・アルコール依存症 ・厚生労働省で検索してみると、下記の文章がトップに出てきました。ぜひ、リアルな実態と、患者数などにも注目しながらじっくり御覧になってみてください。

アルコール依存症をひとことでいうと、「大切にしていた家族、仕事、趣味などよりも飲酒をはるかに優先させる状態」です。
具体的には、飲酒のコントロールができない、離脱症状がみられる、健康問題等の原因が飲酒とわかっていながら断酒ができない、などの症状が認められます。 確定診断はICD-10診断ガイドラインに従います。
診断ガイドラインは表1の通りです。
表の中で、2の典型は連続飲酒です。4は酩酊効果を得るための量が以前より明らかに増えているか、または、同じ量では効果が明らかに下がっている場合です。6では、本人が有害性に気づいているにもかかわらず飲み続けていることを確認します。 なお、以前、慢性アルコール中毒、アルコール症、アルコール嗜癖などという用語が使われていたこともありますが、これらはアルコール依存症とほぼ同じものと考えてよいでしょう。

過去1年間に以下の項目のうち3項目以上が同時に1ヶ月以上続いたか、または繰り返し出現した場合

アルコール依存症(alcohol dependence syndrome)のICD-10診断ガイドライン

1 飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感
2 飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動をコントロールすることが困難
3 禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
4 耐性の証拠
5 飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるをえない時間やその効果からの回復に要する時間が延長
6 明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず飲酒


◆さて、わが国には大量飲酒者やアルコール依存症の患者さんはどのくらいいるのでしょうか。2003年に実施された全国成人に対する実態調査によると、飲酒日に60g(純アルコール量として)以上飲酒していた多量飲酒の人は860万人、アルコール依存症の疑いのある人は440万、治療の必要なアルコール依存症の患者さんは80万人いると推計されています1)。
臨床の場では、女性の社会進出および人口の高齢化を反映して、女性・高齢アルコール依存症者の増加が顕著です。高齢者の場合、定年退職後に依存症になるケースも多く、最近のベビーブーマーの大量退職がその増加に拍車をかけています。
【参考文献】
1) 尾崎米厚, 松下幸生, 白坂知信, 他: わが国の成人飲酒行動およびアルコール症に関する全国調査. アルコール研究と薬物依存 40: 455-470, 2005.

1○
第18回合格を目指す皆さまは、このまま全文暗記しておきましょう!!

2×
アルコール依存の50から60パーセントは遺伝要因、残りが環境要因によると推定されています。

3○
第18回合格を目指す皆さまは、このまま全文暗記しておきましょう!!

4×
薬物やアルコールによる急性中毒、またはその依存症の患者さんも精神障害者保健福祉手帳交付の対象者となります。

5○
第18回合格を目指す皆さまは、このまま全文暗記しておきましょう!!

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

好ましい環境と好ましからざる環境が、そこに住む個人の成長に貢献する。
人は、自分を育んだ環境という果実の収穫人として、苦悩と喜びの双方から学ぶことが出来る。
byジェームズ・アレン♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ