平成26年 保健医療サービス分野 問題44 解説・解答

平成26年 第17回 保健医療サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題44 出題テーマ【居宅療養管理指導・薬剤】 難易度 易

患者への麻薬管理についての指導  出典 厚生労働省資料

(1)家族、友人等への譲り渡しは法律違反                      
オピオイド鎮痛薬などの医療用麻薬を家族、友人等へ譲り渡すことは、医学的に危険であるばかりでなく、譲り渡した患者自身が「麻薬及び向精神薬取締法」に違反することになるので、絶対にしないように十分に指導する。

(2)紛失した場合の「服用記録」への記載                      
服用記録を記載している患者については、医療用麻薬を紛失したと気づいた場合には、紛失に気づいた日時、個数、状況などを服用記録に記載するように指導する。

(3)医療用麻薬が不要となった場合の対応                      
病状の変化(軽快、再入院、死亡)などにより、医療用麻薬が不要となった場合は、できるかぎり当該麻薬の交付を受けた医療機関や薬局に持参するよう指導する。受け取った医療機関または薬局は、適切な廃棄などを行う。(上記2(4)の調剤済麻薬廃棄届を参照)

備考:  【手続概要】
麻薬処方せんにより調剤されたが、施用中止となったり、患者から返納されたりした麻薬を廃棄したときは、廃棄後30日以内に都道府県知事に届け出なければならない。


1○
第18回合格を目指す皆さまは、このまま全文暗記しておきましょう!!

2○
『ワンドーズパッケージ』という言葉を耳にされたことがおありでしょう?? 【DOSE】とは1回分のお薬の服用量を意味します。御高齢者にとってはお薬の管理が一人では難しいこともあります。上肢が不自由でお薬の準備が難しいことだってありますよね。それを解決する方法の1つとして【ワンドーズパッケージ】すなわち、お薬の一包化があるのですね。薬局によっては一包化したパッケージにさらに、たとえば、朝・食後などと印刷してもらえるところもありますので、主治医等にも相談して上手に活用したい方法です。

3×
病院の『薬剤室内』を御覧になったことがある受験生さんは、まだまだ少数派ではないでしょうか??
中心静脈栄養剤や抗がん剤などの輸液の混合は、無菌的に行う必要があるのですが、実は、調剤薬局でもこの機能を持ち合わせるところが存在します。薬局内のクリーンベンチで調剤して、さらには栄養剤を患者宅に届けることも行なわれているのですね。これぞ!!イノベーション。

4×
規定にのっとり正しい手続きをふまえて、処理されなければなりません。

5○
薬剤の形状には、それぞれに大切な意味がありますので、勝手に錠剤を粉砕しちゃったり、カプセルから中身だけ取り出すなんてことは御法度!! であります。医療関係者からの指示をあおぐのがBESTと考えます。
さて、経管栄養時におけるお薬の使用方法については、16回本試験の問題36にも登場済みですね。
ここは頑張って、(○)を選んで、消去法で1点GETしていただきたいところでありました。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

自分と比べてる人は上手くなるよ。人と比べてる人は上手くならない。ピアノも人生も。
byあるピアノ教師の言葉♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ