平成26年 福祉サービス分野 問題46 解説・解答

平成26年 第17回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題46 出題テーマ【面接におけるコミュニケーション】 難易度 易

支援分野、医療分野 御疲れ様でした。さあ!!ここからは福祉分野15問の解説となります。
迷いに迷った設問、なんで(○)なんだろう??って気になる設問など御一緒に振り返ってゆきたいとおもいます。どうぞ宜しく御付き合いくださいませ。

【さて、まずは、皆さまに、大ニュース!!のお知らせであります。】

第18回本試験からは試験制度が新しくなります。これまであった『解答免除』が廃止されて全員・全問・解答となる予定です。試験出題範囲、問題数、解答形式などの詳細は現時点ではまだ正式に発表されていませんが、ケアマネージャー業務に大きな変更はないことから皆さまに求められる知識や倫理は第、18回試験でもこれまでのものがベースとおもわれます。

ということは!! 第18回合格を目指す皆さまは、今日からコツコツ少しずつ学習スタートこそが『合格への王道』であり、『合格への近道』になりそうですよね。

これまで福祉分野免除であった皆さま、今年初受験、記念受験で第18回から本気出したい皆さまどうぞ福祉分野10年ぶんの過去問題を、まずはじいいいいいいっくり御覧になってみて下さい。
こんな知識を求められているんだなってわかりさえすれば、皆さまの実力なら福祉分野制覇はあっという間ですよね。第18回合格に向けて早速、今日からスタートいたしましょう!!


1×
いきなり取り調べ??(八嶋 智人さん風に!)  なんて、思わずツッコミ入れたくなりますね。
クライエントは苦しい御事情を抱えて面接にいらしたかも知れません。御家族に内緒の相談かもしれません・・・。

【面接】は、街角のアンケート調査ではありません。クライエント側が提出する書類なども重要ですが、相談の始まりは、まず状況をよく観察すること。クライエント本人や家族の語るところにしっかりと耳を傾け、それについての会話をかわすことと考えます。

2×
解説不要でありましょう。

3○
オンライン模試・3回目でも、しっかり出題がありましたよね!!

過去の本試験においても複数回登場している重要ワードである、『予備的共感』。これは皆さまが普段の御仕事で、きっと自然になさっていることだとおもいます。
第18回合格を目指す皆さまは、『先入観』とはまったく別のものであることをしっかり理解しておきましょう。予備的共感は、ひっかけ問題に使われやすいワードでもあるようです。

4○
設問のとおりです。 これも、オンライン模試・3回目で登場済みですね!!

5○
設問のとおりです。 これも、オンライン模試・1回目で登場済みですね!!

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

知らないってことは、知るワクワクがあるってことなんだよ。
byドラマ『ユーリカ ~地図にない街~ シーズン4』♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ