平成26年 福祉サービス分野 問題54 解説・解答

平成26年 第17回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題54 出題テーマ【介護保険における福祉用具】 難易度 中

17-54


1× 
床ずれ防止用具として、体圧分散効果の高い、ウレタン・マットレス、エアマットレス、ウオーターマットレスなどが福祉用具貸与種目としてあげられます。

2○
ここはオンライン模試1回目でもしっかり登場していましたので、トライしてくださった皆さまは、どちらに該当するかクリアしていただけとおもいます。

据え置きタイプのスロープって、御覧になったことがおありでしょうか?? 折りたためたり、簡単に持ち運べるタイプのスロープもたくさんあります。工事をしなくても利用できるタイプのこれらのスロープは、福祉用具貸与種目となるのですね。ちなみに、工事をして設置する場合は住宅改修となりますので御注意ください。

見たことなーーーーーーーい皆さまはぜひ、福祉用具のパンフレットを入手したり、ネットで検索なさってみてくださいね。日進月歩の福祉用具界にびっくりなさるとおもいます!!

3×
『つり具』というネーミングから、金属の釣り針みたいなものを連想してしまいそうですが正しくは、上記イラストのように、利用者さんのからだを支える『シート』の部分を指すのですね。

この部分は、利用者されるかたの心身の状況などに応じて選択が可能ですが、レンタルではなく購入種目に位置づけられます。移動用リフトの本体は福祉用具貸与となりますので、18回合格を目指す皆さまは、しっかり区別ができるように!!

4○
設問のとおりです。

5○
設問のとおりです。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

そもそも三流選手は無視。話す気も起こらない。
三流というのは、能力ではなく意識の問題。
褒めて賞賛するんは二流まで。
一流は、それを乗り越えることができるからこそ、徹底的に批判する。
by野村克也♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ