平成27年 介護支援分野 問題14 解説・解答

◆注目 情報◆ 

第19回ケアマネ試験解答速報はコチラから

平成27年 第18回 介護支援分野 解説・解答


≪戻る

問題 14 出題テーマ 【包括的支援事業】 難易度  中

問題14の選択肢は正式に法令に定義された言葉ではありません(厳密に)。解答しにくい問題です。問題作成者が勝手に自分だけが分かる言葉で問題を作っているので、奇問、いや、「●●い問題」です。
図表でないと理解しにくいので下図をご参照ください。

18-4-1


1×
地域包括ケアシステム活動支援ではなく、実施となります。

2○
図表参照

3×
新しい介護予防・日常生活支援総合事業の中の一般介護予防事業の中に「地域介護予防活動支援事業」という文言が出てきます。【問4の解説図下参照】ウルトラマイナーな用語です。ここまで細かい、どうでもいい選択肢を試験に出す必要性は全くないのですが、困ったものですね・・・・珍問パレードで疲れちゃいますね。

4○
認知症施策の推進のことを「認知症総合支援」といいたかったのでしょう。問題作者が勝手に「認知症総合支援」といっています。どこに定義されているのか注釈を入れておいてほしいものです。●●い問題の極みです。第百十五条の四十五(地域支援事業)六  保健医療及び福祉に関する専門的知識を有する者による認知症の早期における症状の悪化の防止のための支援その他の認知症である又はその疑いのある被保険者に対する総合的な支援を行う事業

5○
正確に申せば、生活支援サービス体制整備になります。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

気が小さいというのは、気が優しいということでもある。
byドラマ『3年B組金八先生第4シリーズ』♪

≪戻る



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ