平成27年 介護支援分野 問題21 解説・解答

平成27年 第18回 介護支援分野 解説・解答


≪戻る

問題 21 出題テーマ  【通所介護】   難易度  易

問題21もなぜか通所介護の問題です。福祉分野で出すべき内容が支援分野で出題されています。ただ、介護保険制度は変更が激しく、詳細な内容もよくわからないというかたが多いようです。2016年4月からこの通所介護の小規模なものは、地域密着型サービスに移行されます。小規模なもの以外は、そのまま居宅サービスにのこります。
2016年の試験問題の前ふりとして、この問題作成したのか、何を意図して作成したのかは、作成者以外わかりません。
では、通所介護の人員基準を見てみましょう。人員基準の法令をお持ちの受験生は容易に理解できると思われます。

(従業者の員数)
第九十三条  指定通所介護の事業を行う者が当該事業を行う事業所ごとに置くべき従業者の員数は、次のとおりとする。
一  生活相談員 指定通所介護の提供日ごとに、当該指定通所介護を提供している時間帯に生活相談員が勤務している時間数の合計数を当該指定通所介護を提供している時間帯の時間数で除して得た数が一以上確保されるために必要と認められる数
二  看護師又は准看護師 指定通所介護の単位ごとに、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員が一以上確保されるために必要と認められる数
三  介護職員 指定通所介護の単位ごとに、当該指定通所介護を提供している時間帯に介護職員が勤務している時間数の合計数を当該指定通所介護を提供している時間数で除して得た数が利用者の数が十五人までの場合にあっては一以上、十五人を超える場合にあっては十五人を超える部分の数を五で除して得た数に一を加えた数以上確保されるために必要と認められる数
四  機能訓練指導員 一以上
2  当該指定通所介護事業所の利用定員が十人以下である場合にあっては、前項の規定にかかわらず、看護職員及び介護職員の員数を、指定通所介護の単位ごとに、当該指定通所介護を提供している時間帯に看護職員又は介護職員が勤務している時間数の合計数を提供単位時間数で除して得た数が一以上確保されるために必要と認められる数とすることができる。・・・以下省略


1○
設問のとおりですが、細かいことを言えば、定員10人以下の場合の人員配置には看護師か介護職員のどちらか1名を配置となっています。なので、この問題は、「10人を超える」という言葉をあえて使っています。
この部分は、かなり細かい話なので、通所介護の経営者レベルの話となります。

2×
健康運動指導士は、スポーツクラブや保健所・保健センター、病院・介護施設などにおいて、人々の健康を維持・改善するために、安全かつ適切な運動プログラムを提案・指導する専門家をいいます。厚生労働省所管の財団法人健康・体力づくり事業財団が養成・資格の認定・登録事業を行っているそうです。介護保険業界と今のところ直接関係は、ありませんが、将来的に、地域支援事業に加えたい意向でもあるのか??なぜこの文言がケアマネ試験に出されたのかはミステリーです。

3○
運営基準どおりです。

4×
配置義務はありません。

5○
運営基準どおりです。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

子供に対する教育でいちばん大事なことは、自分で自分の人生のハンドルを握れる人間に育てることだ。
by大前研一♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ