平成27年 保健医療サービス分野 問題31 解説・解答

平成27年 第18回 保健医療サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題 31 出題テーマ【医療器具を装着している場合の留意点】難易度 易

ずらーーーーーーーーりと、受験要項に記載されている試験出題範囲ですが、願書の準備で忙しくじっくり確認する時間がなかった受験生さんも、多いのではないでしょうか? 
過去問題では、ほぼ毎年出題されている小単元が、『医療器具を装着している場合の留意点』です。第19回合格を目指す皆さまには、ぜひ、今年の受験要項でOKですので、試験出題範囲をコピーして小単元ごとに過去問題の番号を記入していただければとおもいます。ここから、こんな問題が出てるんだ!とか、この小単元、類似問題や焼き直し問題が多いから、大事ってことなんだな・・・などとたくさんのヒントに気づかれ、学習スケジュール作成にもおおいに役立ちます。過去問題は100パーセントクリア。これ、【合格への王道】であり、実は、
【合格への近道】でもあるのですね。

18-31


1○

2○
このまま、全文暗記しておきましょう!!
設問に登場した、近年注目されている『半固形栄養剤』とは・・・胃ろうからの短時間注入で、胃の生理的な運動と、栄養剤の粘度を食物繊維など半固形化剤などで調整した、市販の栄養剤をいいます。その昔々は胃ろうからの栄養剤は、粉末を微温湯で溶かすタイプがほとんどだったのですね。液状栄養剤で起こりやすいとされていた逆流などのリスクが減り、介護負担の軽減も大いに期待されるところとされます。人体には、より、経口摂取に近い状態でもあるそうです。これぞ!イノベーション!!

3×
思わず椅子から、転げ落ちそうになっちゃった・・・こんな受験生さん多数?の衝撃設問です。胃ろうのカテーテルは医師による手術により造設され、定期的に新しい物と取り替えられます。万が一、億が一、カテーテルが抜けてしまったら速攻で医療機関に連絡します。放置すると、ろう孔(皮膚から胃までのあなの入り口)が閉じてしまうからですね。なんと!!わずか数時間で閉じてしまうとのこと。利用者さんの心身のご負担を減らすためにも、随時チェックですね。

4○
胃ろうの種類には、バルーン(風船)型と、バンパー(固定)型の2種類があり、バンパー型は胃の中にあるバンパーと呼ばれるゴム製のストッパーで固定されています。栄養改善に伴う皮下脂肪の肥厚により、バンパーが胃粘膜に押し付けられた状態が続くと【バンパー埋没症候群】という合併症をおこす可能性があります。早期発見のために、日頃からストッパーと皮膚のあいだの『あそび』が、1センチから2センチあること、カテーテルが回転することがあげられます。19回合格を目指す皆さまは、胃ろうのイメージ図と注意事項が頭の中に描けるように学習を!

5×
ふっふっふ。やはり、そう来たか・・・なんちゃって。こころの中で、そうつぶやかれた受験生さんも多かったのではないでしょうか?設問5を手がかりに、消去法で問題31をクリアできたかとおもいます。正しいものを
3つ選べですから、誤りを2つ探すでもOK!!ですよね。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

人生の中で目指しているものが
はっきりしている人は
いくつになってもエネルギーがある。
by羽生善治♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ