平成27年 福祉サービス分野 問題49 解説・解答

平成27年 第18回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題 49 出題テーマ【接近困難事例への対応】難易度 易

1人のケアマネージャーさんが担当するプラン数は、平均して30件以上。当然に様々なかたと向き合うことになりますよね。人生のはるか先輩でおられる御高齢者にはそれぞれに、これまでの日々があります。歴史があります。こちらの申し出や提案などに応じてくださらないから、支援困難事例というわけでは決してありません。
ここさえ、しっかり理解していれば試験対策の基本はOK!! ケアマネージャーとして御活躍を始めても、きっとナイス対応ができること請け負います。
さて、19回試験対策の内訳として学習ポイントをあげましたので、どうぞ御参照ください。
◆支援困難事例とはどういうものか                                   
(1)支援困難事例の特性

(2)支援困難事例の3つの発生要因:
①発生源が個人(本人)の側に帰属するもの
②発生源が社会(環境)の側および関係性に帰属するもの
③発生源が援助者側の不適切な対応にあるもの

(3)支援困難事例の4つの分析枠組み:
①個人的要因と社会的要因が重なる場合
②個人的要因と不適切な対応が重なる場合
③社会的要因と不適切な対応が重なる場合
④個人的要因と社会的要因にさらに不適切な対応が重なる場合 

◆支援困難事例への対応における基本的視座、対人援助の本質へのアプローチ               
(1)対人援助の根拠としての価値

◆支援困難事例への基本的アプローチ                                  
(1)中核的価値としての本人主体
(2)中核的価値から派生的価値への展開


1○
このまま、全文暗記しておきましょう!!

2○
このまま、全文暗記しておきましょう!!

3○
このまま、全文暗記しておきましょう!!

4×
クライエントの感情表現を目的をもって促すことは、本人による問題解決の道を推し進めることにもなるとされます。

5×
本人主体の援助展開では、本人が決めるプロセスを支えることにより自己決定の尊重につながるとされます。

18-49

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

私はいつも自分のできないことをする。そのやり方を学べるから。
byピカソ♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ