平成27年 福祉サービス分野 問題54 解説・解答

平成27年 第18回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題 54 出題テーマ 【福祉用具方法論】 難易度 難

『ロボスーツ』なんて古い!古い! 人工知能搭載のヒト型介護ロボットが、自動運転OKの車で送迎から介護まで大活躍。AIBOに代わる、ペットロボット達もケアに参加してくれて♪スタッフのお手伝い♪♪
近未来は、実はすぐそこまでやってきているのかもしれないですね。15年前ならば、みんなびっくりした電動車椅子も、どんどん進化してコンパクトなものも登場していますし、今回登場した『介助用電動車椅子』も、貸与品目としてエントリーされました。御忙しい日々とおもいますが、できれば【テクノエイド】で検索して、新情報もタイムリーにキャッチなさってくださいね。また、保険給付品目ではない物にも、役立つ介護用品は本当にたくさんあります。みんなが情報共有できれば制度だって変わり、給付内容だって、より一層の充実してゆくものですよね。皆さま御一人、御一人が、『制度のかなめ』であります。

■対象者 → 要介護1 以上の認定を受けた方  ■福祉用具貸与の対象種目
(1)車いす 自走用標準型車いす 普通型電動車いす 介護用標準型車いす・介助用電動車いす
(2)車いす付属品 クッションまたはパッド 電動補助用品(車いすに装着することで動力の一部または全部を補助します。)車いす用テーブル 車いす用ブレーキ
(3)特殊寝台(電動ベッド) サイドレールが取り付けてあるものまたは取り付け可能なものであって、次に掲げる機能のいずれかを有するもの 背部または脚部の傾斜角度が調整できる機能 床板の高さが無段階に調整できる機能
(4)特殊寝台付属品 サイドレール(電動ベッドの側面に取り付けることにより、利用者の落下防止をすることができます。)マットレス ベッド用手すり(電動ベッドの側面にとりつけることで起き上がり、立ち上がり、移乗等を助けます。) 電動ベッド用テーブル スライディングボード・スライディングマット 介助用ベルト
(5)床ずれ防止用具 送風装置または空気マット等(部分的な圧力を解消できるもの)水、エア、ゲル、シリコン、ウレタン等からなる全身用マット
(6)体位変換器(空気パッド等を使って、仰向けからうつ伏せへの体位の変換を容易にします)
(7)手すり 取り付け工事を伴わないもの 便器またはポータブルトイレを囲んで据え置くタイプのもの
(8)スロープ(個別利用者のために改造したもの、簡単に持ち運びができないもの、工事をしなければつけられないものを除く)
(9)歩行器 歩行が困難な者の歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するものであって、次のいずれかに該当するものに限る。車輪を有するものにあっては、体の前および左右を囲む把手等を有するもの四脚を有するものにあっては、上肢で保持して移動させることが可能なもの
(10)歩行補助つえ 松葉づえ、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ、プラットホームクラッチおよび多点杖
(11)認知症老人徘徊感知機器 認知症老人が屋外に出ようとした時または屋内のある地点を通過した時に、センサーにより感知し、家族、隣人等へ通報するもの
(12)移動用リフト ◆床走行式 つり具またはいす等の台座を使用して人を持ち上げ、キャスタで床を移動し、目的の場所に人を移動させるもの ◆固定式 居室、浴室等に固定設置し、つり具またはいす等の台座を使用して人を持ち上げ、移動させるもの◆据置式 床に置いてつり具またはいす等の台座を使用して人を持ち上げ移動させるもの
(13)自動排泄処理装置 尿または便が自動的に吸引されるものであり、尿や便の経路となる部分を分割することが可能な構造であるもの
※(1)~(6)、(11)、(12)は一定の例外となる場合を除き要介護1 の方は利用できません。
※(13)は一定の例外となる場合を除き、貸与の対象は要介護4・5 の方に限ります。利用料の目安 貸与金額の原則、1 割か2割 ※貸与金額は、福祉用具の種類・品目、業者によって異なります。


1○
上記一覧表を御参照ください。

2×
ポータブルトイレ(腰掛便座)は、購入種目に位置づけられる福祉用具となります。27年度より水洗ポータブルトイレも、購入種目に仲間入りしたのですが、この設置に関する費用は給付ではないのですね。
ちなみに、住宅改修における便器の取替えでは、ポータブルトイレの設置は除かれます。住宅改修では、原則として水洗化の費用は保険給付の対象ではありません。

3○
これまで、通信機能をもつ認知症老人徘徊感知器は給付対象外でしたが、給付対象となる福祉用具部分と、給付対象外の通信機能部分が分離できる場合に限り、通信費用は自己負担として福祉用具部分を給付対象とすることになりました。複合的機能を有する福祉用具に関する見直しが行われたのですね。
厚生労働省による見解では、認知症老人徘徊感知器とは認知症である老人が徘徊し、屋外に出ようとしたとき、または、屋内のある地点を通過したときに、センサーにより感知し、家族や隣人等に通報するものとされます。

4○
これも27年度法改正に伴う新しい規定となります。福祉用具事業者さんの経営努力によりお値段に柔軟性を持たせてOK♪♪ という見解ですね。

5×
その都度消耗する、専用パッドや洗浄液は自費になり、給付対象ではないことに御注意ください。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

勇気と楽観は人間の能力を開花させる絶対条件と思う。
客観的に自己をみつめ分析する、などということをしていたらまともな人間は早晩、自信を喪失して潰れてしまう。
自己懐疑も同様である。
by藤原正彦♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ