平成27年 福祉サービス分野 問題57 解説・解答

平成27年 第18回 福祉サービス分野 解説・解答


≪戻る

問題 57 出題テーマ 【指定介護老人福祉施設】 難易度 中

介護保険法における【介護保険施設】とは、ぜんぶで3種類。介護老人保健施設、介護療養型医療施設、そして、介護老人福祉施設ですね。前の2つは、医療系サービスに、そして、介護老人福祉施設のみが、福祉系サービスに位置づけられます。老健などは医療分野に。特養は福祉分野にと出題にも、住み分けがあるのですね。ここがわかっていれば、学習スケジュール作成も上手にできるとおもいます。まずは、支援分野の『給付』を試験出題範囲に沿って分類してみてくださいね。問題構成が見えてきて、試験がぐぐぐっと身近になりおすすめです。

1×
専ら、その職務に従事する常勤の者でなければならない・・・と規定されています。
常勤か否か?? というタイプの設問はケママネ試験ではよく登場しますので、19回合格を目指す受験生さんは、人員基準の学習で、ささっとチェックしておかれるといいですね。

2○
このまま、全文暗記しておきましょう!!

3×
27年度法改正に伴い、原則として新規入所は要介護3以上の人となりました。ただし!!例外も設けられていますので御注意ください。要介護1、2であっても、やむを得ない事情により、介護老人福祉施設以外でその生活が著しく困難であると認められる場合、市町村の適切な関与の下、【施設入所検討委員会】を経て、特例的に入所が認められます。
◆ 認知症や知的障害・精神障害等により日常生活に支障を来たすような症状・行動・意思の疎通の困難さが頻繁にみられ、在宅生活が困難な状態
◆ 家族などによる深刻な虐待がみられ、心身の安全確保が困難な状態
◆ 単身世帯、同居家族が高齢、病弱であり、家族による支援が期待できず、かつ、地域での介護サービスや生活支援の供給が十分に認められず在宅生活が困難な状態


4○
設問のとおりです。

18-57

5○
入所者さんや、その御家族の個人情報は個人の貴重な財産。そうとらえれば、あらかじめ文書にて、同意を得ることにも納得ですよね。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

人間は負けたら終わりなのではない。
辞めたら終わりなのだ。
byリチャード・ニクソン♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ