精神保健福祉士国家試験 問題解説(精神疾患とその治療 問題1~10)

第18回精神保健福祉士国家試験 試験問題の解説

●解答速報 共通科目 専門科目試験問題解説(共通科目)試験問題解説(専門科目)難易度Webアンケート合格率学校別合格率(第17回)掲示板

問題1-10 精神疾患とその治療
問題11-20 精神保健の課題と支援
問題21-35 精神保健福祉相談援助の基盤
問題36-60 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
問題61-72 精神保健福祉に関する制度とサービス
問題73-80 精神障害者の生活支援システム

難易度・解答 Webアンケート ご協力お願い致します。

精神疾患とその治療

問題1

次のうち,精神科病院の廃止を訴え,法律第180号の制定運動に関わった人物として,正しいものを1つ選びなさい。

1 ブロイラー(Bleuler, E.)
2 クラーク(Clark, D.) 
3 ピネル(Pinel. P.)
4 バザーリア(Basaglia, F.)
5 ジョーンズ(Jones, M.)

解答・解説

正解は、4と、かんがえます。
『バザーリア法』とも称される、法律第180号。 イタリアにおいて、脱施設化を目指し1978年に公布されました。
当時はまだ、旧態依然とした精神科病院を、近代精神医療へと導いた立役者が、バザーリアですね。

問題2

脳の障害部位と症状に関する次の組合せのうち,正しいものを2つ選びなさい。

1 前頭葉—————感覚失語
2 側頭葉—————運動失語
3 後頭葉—————視覚失認
4 頭頂葉—————自発性低下
5 大脳基底核——–不随意運動

解答・解説

正解は、3と、5とかんがえます

問題3

I C D -10における精神および行動の障害に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 症状性を含む器質性精神障害
  ↓
  広汎性発達障害

2 統合失調症、統合失調型障害および妄想性障害
  ↓
  急性一過性精神病性障害

3 気分(感情)障害
  ↓
  統合失調感情障害

4 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害
  ↓
  摂食障害

5 生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群
  ↓
  性同一性障害

解答・解説

正解は、2と、かんがえます

問題4

次のうち、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状として、正しいものを2つ選びなさい。

1 回避
2 食欲亢進
3 衝動行為
4 カタレプシー
5 フラッシュバック

解答・解説

正解は、1と、5とかんがえます

問題5 

状態像・症候群と症状に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 躁状態 → 連合弛緩
2 うつ状態 → 観念奔逸
3 解離状態 → 仮面様顔貌
4 パーキンソン症候群 →アカシジア
5 コルサコフ症候群 → 見当識障害

解答・解説

正解は、5とかんがえます

問題6

次のうち、脳波異常によって診断されるものとして、正しいものを1つ選びなさい。

1 小児自閉症
2 パニック障害
3 複雑部分発作
4 強迫性障害
5 一過性脳虚血発作

解答・解説

正解は、3と、かんがえます

皆さまのほうが詳しくご存知である、てんかんの分類の1つである、『部分発作』に位置づけられるのが、複雑部分発作ですね。

問題7

向精神薬とその作用に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 炭酸リチウム
  ↓ 
  抗てんかん作用

2 定型抗精神病薬
  ↓
  ドーパミン受容体遮断作用

3 非定型抗精神病薬
  ↓
  アセチルコリンエステラーゼ阻害作用

4 三環系抗うつ薬
  ↓
  選択的セロトニン再取り込み阻害作用

5 ベンゾジアゼピン系抗不安薬
  ↓
  ヒスタミン受容体遮断作用

解答・解説

正解は、4と、かんがえます

問題8 

次のうち、社会生活技能訓練(SST)で用いられる技法として、正しいものを1つ選びなさい。

1 モデリング
2 系統的脱感作
3 催眠
4 絶対臥褥
5 共感的理解

解答・解説

正解は、1と、かんがえます

認知行動療法と、社会学習理論を基盤にした、支援方法とされるのが、ソーシャル・スキルズ・トレーニング。
すなわち、『SST』ですね。
トレーニング方法の1つとして、コミュニケーション能力の高い指導者をお手本にして学習する、『モデリング』
があります。

ちなみに・・・設問4の、絶対臥褥とは、森田健康療法において入院治療の最初にお行われるもので、患者さんは、個室で、1週間のあいだ、ベッド、もしくは、布団の上で過ごすというものですね。食事と排泄以外の行動をあえて取らない・・・これにより、行動を取りたいという気持ちが高められるとのことです。

問題9 

次のうち、「平成23年患者調査」(厚生労働省)において、平成8年と比較し、推計入院患者数が増えている疾患として、正しいものを2つ選びなさい。

1 うつ病
2 統合失調症
3 アルコール依存症
4 アルツハイマー病
5 神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害

解答・解説

正解は、1と、4とかんがえます

参照 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html

問題10

「精神保健福祉法」による入院に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 任意入院では、精神保健指定医が必要と認めれば72時間に限り退院を制限できる。
2 医療保護入院では. 2名の精神保健指定医が認めれば家族の同意は不要である。
3 措置入院では、家族の同意が得られた時点で速やかに医療保護入院に切り替える。
4 緊急措置入院では、精神保健指定医の診察なしで72時間に限り入院させることができる。
5 応急入院では、自傷他害のおそれがあると認められ、急速を要する場合. 72時間に限り入院させることができる。

(注)「精神保健福祉法」とは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

解答・解説

正解は、1とかんがえます

問題1-10 精神疾患とその治療
問題11-20 精神保健の課題と支援
問題21-35 精神保健福祉相談援助の基盤
問題36-60 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
問題61-72 精神保健福祉に関する制度とサービス
問題73-80 精神障害者の生活支援システム

難易度・解答 Webアンケート ご協力お願い致します。


●解答速報 共通科目 専門科目試験問題解説(共通科目)試験問題解説(専門科目)難易度Webアンケート合格率学校別合格率(第17回)掲示板


このページの先頭へ