介護老人福祉施設

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,介護保険制度改正,サテライト型地域密着型介護老人福祉施設,特別養護老人ホーム,介護老人福祉施設


介護老人福祉施設

改定事項と概要【介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 介護保険制度改正2015】

(1) サテライト型地域密着型介護老人福祉施設の本体施設に係る要件の緩和
サテライト型居住施設の本体施設として認められる対象として、「指定地域密着型介護老人福祉施設」を追加する。

(2) 看取り介護加算の充実
入所者及び家族等の意向を尊重しつつ、看取りに関する理解の促進を図り、看取り介護の質を向上させるため、その体制構築・強化をPDCAサイクルにより推進することを要件として、死亡日以前4日以上30日以下における加算を充実する。

(3) 「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和
直接処遇職員による柔軟な地域貢献活動等の実施が可能となるよう、「専従」の規定の趣旨を明確化する。

(4) 日常生活継続支援加算の見直し
重度の要介護者や認知症高齢者等の積極的な受入を行う施設を評価する観点から、算定要件と単位数の見直しを行う。

(5) 在宅・入所相互利用加算の充実
地域住民の在宅生活の継続を支援するため、算定要件の緩和と単位数の充実を実施する。

(6)  障害者生活支援体制加算の見直し
特別なケアが必要と考えられる重度の精神障害者について、新たに障害者生活支援体制加算の対象とする。

(7) 多床室における居住費負担の見直し
一定の所得を有する多床室の入所者について、光熱水費相当分に加え、室料相当分の負担を居住費として求める。(ただし、利用者負担第1段階から第3段階までの者には補足給付を支給することで利用者負担を増加させない。)

(8) 基本報酬の見直し
事業の継続性に配慮しつつ、基本報酬の評価は適正化する。また、多床室における居住費負担の見直し等に伴い、新設と既設の多床室における基本報酬設定の差額は設けないこととする。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

介介護老人福祉施設に関連する問題は、毎年必ず1問以上出題されます。今年の改正の目玉以外にも細かい規定が変更されています。ココはじっくり下記の(1)から(7)をお昼休みなどの休憩時間に読む習慣を身につけ、必ず1点ゲットしてください。


介護老人福祉施設
(1) サテライト型地域密着型介護老人福祉施設の本体施設に係る要件の緩和
(2) 看取り看護加算の充実
(3) 「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和
(4) 日常生活継続支援加算の見直し
(5) 在宅・入所相互利用加算の見直し
(6) 障害者生活支援体制加算の見直し
(7) 多床室における居住負担の見直し
(8) 基本報酬の見直し
報酬のイメージ(1日あたり)
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ