介護老人保健施設

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,介護保険制度改正,在宅復帰支援機能,介護老人保健施


介護老人保健施設

改定事項と概要【介護老人保健施 介護保険制度改正2015】

(1) 在宅復帰支援機能の更なる強化
在宅復帰支援機能を更に高めるため、リハビリテーション専門職の配置等を踏まえ、在宅強化型基本施設サービス費及び在宅復帰・在宅療養支援機能加算について重点的に評価する。

(2) 施設及び在宅の双方にわたる切れ目ない支援入所前後訪問指導加算については、退所後の生活を支援するため以下の要件を満たす場合、新たに評価を行う。
 ① 本人及び家族の意向を踏まえ、生活機能の具体的な改善目標を含めた施設及び在宅の双方にわたる切れ目ない支援計画を策定していること
 ② 支援計画策定に当たって、多職種が参加するカンファレンスを行っていること

(3) 看護・介護職員に係る専従常勤要件の緩和
介護老人保健施設の看護師、准看護師及び介護職員は原則として当該施設の職務に専ら従事する常勤職員でなければならないこととされているが、訪問サービス等の併設により退所者の在宅生活を含めて支援するため、介護老人保健施設の看護・介護職員が当該施設に併設される介護サービス事業所の職務に従事する場合については、当該施設の看護・介護職員の一部に非常勤職員を充てることができる旨を明確化する(運営基準事項)。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

医療分野では、介護老人保健施設か介護療養型医療施設の問題が必ず1問以上出題されます。
法改正部分は問題を作成しやすいので(1)から(3)は内容詳細を確認しておきましょう。


介護老人保健施設
(1) 在宅復帰支援機能の更なる強化
(2) 施設及び在宅の双方にわたる切れ目ない支援
(3) 看護・介護職員に係る専従常勤要件の緩和
報酬のイメージ(1日あたり)
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ