無料めるまが20121026(臨時)



最終回です!
2012年10月26日

こんばんは、合格オンラインの井上です駆け足でお届けしました【夜・スペシャル】も今夜が最終回となりました。

つたない文章に、御付き合いいただき本当にありがとうございました。
たくさんのご質問。たくさんのお便り。本当に、本当に、ありがとうございました。
スタッフ一同こころより御礼申し上げます。
皆様からたくさんのことを学ばせていただき感謝の気持ちでいっぱいの井上です。
皆さまからのたくさんの教えは新企画に生かしたいとおもいます。

では、お別れの前に最後の練習問題をどうぞ。五肢複数選択です。


課題分析において、介護支援専門員が確認をすべき事項について、より適切なものを3つえらべ。

(1)
二親等内の扶養義務者の居所

(2)
利用者の被保険者情報

(3)
全年度の課税所得金額

(4)
障害老人の日常生活自立度

(5)
介護認定審査会の意見

 

?・?・?
なんか、へんな選択肢も入ってますが・・・
これ、昨年本試験の問題18なのですね。



正解は、2と4と5に。

支援分野において近年ではケアプランに関する、より具体的な問題が増えてきてています。

★ 居宅サービス計画
★ 介護予防サービス計画
★ 施設サービス計画
どこで働いても、即戦力!になれるくらい頑張ってプラン作成者目線で全方位からの学習を。

★★★★★★★★★★★★

ふと、空を見上げると予報はどこへやら澄んだ秋空が・・・
皆さまのお人柄そのものそんな青空が本試験日にひろがりますように!!!

それでは、皆さまのナイスファイトに敬意を表しつつ、今夜はこれで失礼いたします。

本当に有難うございました

m(._.)m

★★★★★★★★★★★★

当日のお守りと準備グッズ参考になさってください。

・受 験 票 【会場の確認を】

・受験会場までの道のり確認(交通ダイヤ)日曜ダイヤ 地図など

・マークシート用エンピツ (5本位)

・消しゴム(必ず角があるもの)マークシート用消しゴムがおすすめ

・待ち時間用参考書 OR マイノート

・天気予報前日確認(雨対策)

・お金は、多めに、小銭も(遅れそうな場合タクシー利用)

・お守り

・チョコレート、ブドウ糖、あめなど

・頑張った自分へのご褒美を準備しましょう




万が一の時の対策です参考になさってください。

公式文書より抜粋しました。

都道府県等介護支援専門員実務研修受講試験事務規程

第三章試験の実施等

(開始時刻の変更)

第十六条電車等の遅れがあった場合の開始時刻の変更については、都道府県に設置された

1試験総本部の判断に基づき行うものとする。

2状況については、最寄りの駅、警察署(交通課)に照会する等により、できるだけ正確な状況把握に努めること。

3状況を把握した結果、相当数の遅刻者が確認される場合には、試験総本部の指示のもとに、当該試験会場のみ開始時刻を繰り下げるものとする。

4前項の場合において、状況の変化、出席者数の増加等事態が改善された場合には、試験本部に連絡・協議の上、繰下時間の短縮等、試験の早期開始に配慮するものとする。

(遅刻者の取扱い)

第十七条
1遅刻者の入室許可は試験開始後30分までとし、それ以降は認めないものとする。
2試験開始時刻を繰り下げた場合において、遅刻者には十分配慮するものとし、通常、開始後30分まで認めている入室を、状況により開始後40分まで認めるものとする。

(中途退出許可)

第十八条
1受験者の中途退出許可は、試験開始後30分経過後とする。
2試験開始時刻を繰り下げた場合については、受験者の中途退出許可は、試験開始後40分経過後とする。

(携帯電話等の取扱い)

第十九条
試験会場では、携帯電話等の通信機器の持込を禁止する。なお、やむを得ず持ち込んだ場合には、試験中は携帯電話等の電源を切り、鞄等にしまっておくものとし、携帯電話等を時計として使用することも禁止する。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ