認知症対応型通所介護

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,介護保険制度改正,認知症対応型通所介護,運営推進会議,延長加算


認知症対応型通所介護

改定事項と概要【認知症対応型通所介護 介護保険制度改正2015】

(1) 利用定員の見直し
共用型認知症対応型通所介護の利用定員について、認知症対応型共同生活介護事業所が認知症ケアの拠点として様々な機能を発揮することを促進する観点から、「1ユニット3人以下」に見直す。

(2) 運営推進会議の設置
地域との連携や運営の透明性を確保するため、平成28年度から「運営推進会議」の設置を義務づけるなど、地域密着型通所介護の新たな基準を踏まえ、地域との連携等に関する規定について所要の基準改正を行う。

(3) 夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化
認知症対応型通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所については、届出を求めることとし、事故報告の仕組みを設けるとともに、情報公表を推進する。推会議の設置

(4) 送迎時における居宅内介助等の評価
送迎時に実施した居宅内介助等(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)を認知症対応型通所介護の所要時間に含めることとする。

(5) 延長加算の見直し
認知症対応型通所介護等の延長加算は、実態として認知症対応型通所介護事業所等の設備を利用して宿泊する場合は算定不可とするとともに、介護者の更なる負担軽減や、仕事と介護の両立の観点から、更に延長加算の対象範囲を拡大する。

(6) 送迎が実施されない場合の評価の見直し
送迎を実施していない場合(利用者が自ら通う場合、家族が送迎を行う場合等の事業所が送迎を実施していない場合)は減算の対象とする。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス・いわゆる お泊りデイ)を実施している事業所については、届出を求めるようになっています。
通所介護と通所リハとも類似する規定がありますので通所系のサービスについてまとめて学習するとよいでしょう。
通所系の法改正をまとめて読むと理解度がかなりアップします。


認知症対応型通所介護
(1) 利用定員の見直し
(2) 運営推進会議の設定
(3) 夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化
(4) 送迎時における居宅内介助等の評価
(5) 延長加算の見直し
(6) 送迎が実施されない場合の評価の見直し
報酬のイメージ(1回あたり)
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ