(表2の3) 相談援助業務に従事する者

留意:各開催地での試験案内を確認してください。 
<参考資料>


次の表に掲げる相談援助業務に従事する者であって、下記の①から④の要件のうち、いずれかを満たした者

①社会福祉主事任用資格を有する者

②介護職員基礎研修課程を修了した者若しくは訪問介護員養成研修2級課程に相当する研修を修了した者

③対象国家資格等(表1)を取得した者

④表2の1または2に掲げる相談援助業務従事者として1年以上勤務した者

施設等の種別

職種及び業務内容

備考

医療機関

医療社会事業に従事する者(相談・指導を担当する者)として相談援助業務に従事

 

指定居宅サービス事業者

相談援助業務・連絡調整業務に従事している者として相談援助業務に従事

 

指定居宅介護支援事業者

指定地域密着型サービス事業者

指定介護予防サービス事業者

指定介護予防支援事業者

指定地域密着型介護予防サービス事業者

基準該当居宅サービス事業者

基準該当居宅介護支援事業者

基準該当介護予防サービス事業者

基準該当介護予防支援事業者

224701(福祉用具を販売するサービスを含む。)に係る業務を行っている事業者(社会福祉協議会・福祉公社・生活協同組合・農業協同組合・シルバー人材センター等の民間非営利組織、民間企業等)であって、市町村の委託を受けたもの又は民間事業者によるサービス指針(ガイドライン)を満たすと認められるもの

相談援助業務・連絡調整業務に従事している者として相談援助業務に従事

実務経験証明書の他に確認証明書を添付すること





このページの先頭へ