更新研修(静岡県)

ケアマネ 更新研修 2015 2016 更新申請 介護支援専門員証


更新研修

●介護支援専門員証(顔写真付)の有効期間の「更新研修」
(※更新には介護支援専門員証の更新申請が別に必要)

介護支援専門員証(顔写真付)の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で有効期間を確認し、研修の受講計画を立てた上で、(1)更新に必要な研修を修了し、(2)有効期間の更新の申請をしてください。

現に有する介護支援専門員証の交付日以降に介護支援専門員としての実務経験がある方とない方で、受講する更新研修の種類が異なります。

実務経験とは、
1居宅介護支援事業所
2特定施設入居者生活介護に係る居宅サービス事業所
3小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護及び地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護に係る介護予防サービス事業者
4介護保険施設
5介護予防特定施設入所者生活介護に係る介護予防サービス事業者
6介護予防小規模多機能型居宅介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護に係る地域密着型介護予防支援事業
7介護予防支援事業者
8地域包括支援センターにおいてサービス計画の作成を行っている者

を指します(指定居宅介護支援事業所においては基準上、介護支援専門員の資格を持つ常勤専従の管理者を置くこととなっていることから、当該管理者はサービス計画の策定の有無にかかわらず業務に就いているとみなされます。また、地域包括支援センターにおいては主任介護支援専門員として従事している場合も含みます。)。

しかし、要介護認定の調査業務のみを行っていた場合や、利用者やサービス提供事業者との連絡調整のみを補助的に行い、サービス計画の作成を行っていなかった場合は、実務経験としては認められません。

現に有する介護支援専門員証の交付日以降に実務経験がある方が更新するには更新研修B1専門研修課程I+《専門研修課程IIまたは更新研修B2》も可)の修了が必要です。また、更新が2回目以降の方は、実務経験ありでの更新暦があり、かつ現に有する介護支援専門員証を交付されてから実務経験ありの場合、更新研修B2(または専門研修課程II)のみの修了で更新可能です。

だし、再研修により介護支援専門員証(顔写真付)の交付を受けた方は、更新暦がリセットされますので、実務経験があっても、改めて研修を受講し直してください。詳しくは、最下段にある「研修体系図」をご覧ください。

実務経験

研修時間

受講時期

研修(内容)

あり

58時間以上(B1)

22時間以上(B2)

有効期間満了前1年以内

更新研修B1(専門研修課程I+IIと同内容)

更新研修B2(専門研修課程IIと同内容)

なし

47時間以上(A)

更新研修A(実務研修・再研修と同内容)

更新研修(A、B1、B2)は、特定非営利活動法人静岡県介護支援専門員協会(外部サイトへリンク)が実施します。

更新研修は、介護支援専門員証の有効期間満了日の1年前から受講可能です。有効期間満了日の前に更新研修を修了するようにしてください。


※介護支援専門員証の更新申請

まず「更新」とは、有効期間内の介護支援専門員証(顔写真付)のお持ちの方が、その有効期間満了日をさらに5年間延長することです。

介護支援専門員証(顔写真付)の有効期間が満了を迎えた方(「再研修」修了者を含みます。)や、そもそも未交付の方は、この申請はできません。

また、介護支援専門員証(顔写真付)の有効期間内に更新申請を行わなかった場合、更新されず有効期間満了となります。その場合、介護支援専門員証(顔写真付)の交付を受けるには、更新研修等の修了歴にかかわらず「再研修」を受講する必要があります。

(1)更新の申請に必要な提出様式

  1. 更新に必要な研修(更新研修(A,B1,B2)または専門研修課程II)の修了証明書のコピー(更新研修等を修了していないと更新できません。
  2. 有効期間内の介護支援専門員証(顔写真付)の原本(コピー不可)※交付まで時間がかかりますのでお手元にコピーを保管してください。
  3. 静岡県収入証紙2,000円分(県庁、県総合庁舎、市区町村の庁舎、警察署等で販売しています。郵便局や法務局で販売する「収入印紙」ではありません。)
  4. 同一の写真2枚
  5. 切手(392円)を貼付し、郵便番号、住所(勤務先不可)及び氏名を記入した封筒(定型封筒・長形3号が好ましい)
  6. 【県内在住者】本人確認書類(運転免許証のコピー等)
  7. 【県外在住者】住民票(交付から6か月以内のもの)(コピー不可)

(注意1)送付先は、登録している住所のみになります(住所及び受領の確認のため、勤務先には送付できません。)。

(注意2)平成24年6月以前に専門研修課程II等を修了された方に対して、研修の際に配付した様式第10号(更新申請書)には、上記6又は7の本人確認書類等は記載していませんが、提出が必要な書類となりますので、最新の様式第10号(更新申請書)を、ホームページからダウンロードして申請いただきますようお願いします。


(2)住所又は氏名が変更になった方(静岡県登録のまま変更のない場合)は、様式第3号により登録事項の変更もあわせて届け出てください。

/kousei/ko-220/kaigo/images/bak3_ic_pdf.gif登録事項の変更届出書(様式第3号)(PDF:82KB)

(3)他の都道府県登録で有効期間内の介護支援専門員証(顔写真付)をお持ちの方が、その介護支援専門員証の有効期間の更新にあわせて、登録を静岡県に移転たい場合は、まず、介護支援専門員の諸手続(別ページ)の「4他の都道府県登録の介護支援専門員が、静岡県への登録の移転を申請する場合」をご覧ください。

必要書類は、上の様式第10号と、登録の移転申請書(様式第2号)です。様式第2号をご希望の方は、以下の「お問い合わせ」先までご連絡ください。

2.更新申請の受付時期

介護支援専門員証(顔写真付)の有効期間満了日のおおむね1か月前に受け付けます。(例:満了日が平成25年4月30日の場合は平成25年3月31日頃に受付)

ただし、有効期間満了日が3月の方に限り、同年1月の1か月間に受け付けます。

なお、受付時期を誤った更新申請は受け付けません。特に専門研修課程IIの修了者がその修了年度に更新申請する間違いが多いのでご注意ください。

3.申請書類の提出先・提出方法

以下の「お問い合わせ」先に、簡易書留により郵送するか持参してください。

郵送先は、更新研修等を実施した「静岡県介護支援専門員協会」ではありませんのでご注意ください。

お問い合わせ
健康福祉部福祉長寿局介護保険課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2317
ファックス番号:054-221-2142
メール:kaigohoken@pref.shizuoka.lg.jp



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ