定期巡回・随時対応型訪問介護看護

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,介護保険制度改正,定期巡回・随時対応型訪問介護看護,総合マネジメント体制強化加算


定期巡回・随時対応型訪問介護看護

改定事項と概要【定期巡回・随時対応型訪問介護看護 介護保険制度改正2015】

(1) 訪問看護サービスの提供体制の見直し
定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所のうち一体型事業所における訪問看護サービスの一部を、他の訪問看護事業所に行わせることを可能とする。(運営基準事項)

(2) 通所サービス利用時の減算の改善
通所介護等の利用日における定期巡回・随時対応型訪問介護看護費の減算率を緩和する。

(3) オペレーターの配置基準等の緩和
夜間から早朝まで(午後6時から午前8時まで)の間にオペレーターとして充てることができる施設・事業所の範囲として、「同一敷地内又は隣接する施設・事業所」を追加する。また、複数の事業所の機能を集約し、通報を受け付ける業務形態の規定を緩和する。(運営基準事項)

(4) 介護・医療連携推進会議及び外部評価の効率化
介護・医療連携推進会議と外部評価は、ともに「第三者による評価」という共通の目的であることを踏まえ、事業所が自らその提供するサービスの質の評価(自己評価)を行い、これを介護・医療連携推進会議に報告した上で公表する仕組みとする。(運営基準事項)
 
(5) 集合住宅に居住する利用者へのサービス提供にかかる評価の見直し
集合住宅におけるサービス提供について、事業所と同一敷地内又は隣接する敷地内の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る。)に居住する利用者へのサービスの提供に係る評価の適正化を図る。

(6) 総合マネジメント体制強化加算の創設
定期巡回・随時対応型訪問介護看護を提供する事業所は、日々変化し得る利用者の状態を確認しつつ、一体的なサービスを適時・適切に提供するため、利用者の生活全般に着目し、日頃から主治医や看護師、他の従業者といった多様な主体との意思疎通等を図り、適切に連携するための体制構築に取り組むなどの積極的な体制整備について評価を行う。当該加加算については区分支給限度基準額の算定に含めないこととする。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

介護・医療連携推進会議が試験問題に出題されると、合格されるだけの知識がある受験制度も容易に正答することはできないと思われます。難問となる可能性がある法改正部分は一通り目を通しておく必要があるでしょう。
集合住宅に居住する利用者へのサービス提供にかかる評価の見直しでは、集合住宅の定義がありますので、(5)は確認をしておくとよいでしょう。


定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(1) 訪問看護サービスの提供体制の見直し
(2) 通所サービス利用時の減算の改善
(3) オペレーターの配置基準等の緩和
(4) 介護・医療連携推進会議及び外部評価の効率化
(5) 同一建物に居住する利用者へのサービス提供に係る評価の見直し
(6) 総合マネジメント体制強化加算の創設(定期巡回・随時対応型訪問介護看護・小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護共通)
報酬のイメージ(1日あたり)
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ