通所介護について

通所介護,心身機能訓練,生活行為力向上訓練,地域連携,小規模型,基本報酬,配置基準,地域密着型,介護支援専門員,ケアマネ,小規模多機能型居宅介護,2015,2016,18回,19回,介護保険制度改正


通所介護について

改定事項と概要【通所介護 介護保険制度改正2015】

(1) 在宅生活の継続に資するサービス提供をしている事業所の評価
認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲ以上に該当する高齢者や要介護3 以上の高齢者を積極的に受け入れる事業所を評価する。

(2) 心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化
個別機能訓練加算の算定要件に、居宅を訪問した上で個別機能訓練計画を作成することを要件として加え、加算の評価を引き上げる。

(3) 地域連携の拠点としての機能の充実
利用者の地域での暮らしを支えるため、医療機関や他の介護事業所、地域の住民活動等と連携し、事業所を利用しない日でも利用者を支える地域連携の拠点としての機能を展開できるように、生活相談員の専従要件を緩和する。(運営基準事項)

(4) 小規模型通所介護の基本報酬の見直し
小規模型通所介護の基本報酬は、通常規模型事業所と小規模型事業所のサービス提供に係る管理的経費の実態を踏まえ、評価の適正化を行う。

(5) 看護職員の配置基準の緩和
看護職員については、訪問看護ステーション等と連携し、健康状態の確認を行った場合には、人員配置基準を満たしたものとする。(運営基準事項)

(6) 地域密着型通所介護に係る基準の創設
平成28年度に地域密着型通所介護が創設されることに伴い、地域との連携や運営の透明性を確保する運営推進会議の設置など新たに基準を設ける。(運営基準事項)

基本報酬については、平成27年度報酬改定後の小規模型通所介護の基本報酬を踏襲する。

(7) 小規模型通所介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過的措置
小規模型通所介護が小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所に移行する際、小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所に必要な宿泊室は、平成29年度末までの経過措置を設ける。(運営基準事項)

(8) 通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行
小規模な通所介護事業所が通所介護(大規模型・通常規模型)事業所のサテライト事業所へ移行するに当たっては、一体的なサービス提供の単位として本体事業所に含めて指定を行う。(運営基準事項)

(9) 通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の基準上の取り扱い
通所介護事業者が、通所介護及び新総合事業における第一号通所事業を、一体的に実施する場合は、通所介護及び介護予防通所介護を一体的に実施する場合の現行の基準に準ずるものとする。(運営基準事項)

(10) 夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化
通所介護事業所の設備を利用して、夜間及び深夜に通所介護以外のサービスを提供する場合は、届出を求めることとし、事故報告の仕組みを設ける。(運営基準事項)

(11) 送迎時における居宅内介助等の評価
送迎時に実施した居宅内介助等を通所介護の所要時間に含めることとする。

(12) 延長加算の見直し
実態として通所介護事業所の設備を利用して宿泊する場合、延長加算の算定を不可とする。

介護者の更なる負担軽減や、仕事と介護の両立の観点から、延長加算の対象範囲を拡大する。

(13) 送迎が実施されない場合の評価の見直し
事業所が送迎を行わない場合は減算の対象とする。


ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

通所介護の現場での別呼称はデイサービスです。デイケアとは異なります。
デイケアは通所リハビリテーションのことです。
通所介護(デイサービス)は、一番利用されているサービスです。需要が高いサービスですので細かい決まりごとが沢山あります。(1)から(13)までありますので、法改正に関連する出題がある場合はこの中から選択肢が作られると予想しております。
認知症加算の算定要件の定義など出題されるかもしれません。
法改正部分の知識は丁寧に読み込んでおくことが重要です。

下記の(1)から(13)は休み時間にスマホで読む習慣をつけましょう。

(1) 在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価
(1)-2 在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価
(2) 心身機能訓練から生活行為力向上訓練まで総合的に行う機能の強化
(3) 地域連携の拠点としての機能の充実
(4) 小規模型通所介護の基本報酬の見直し
参考-1 通所介護の基本報酬(平成27年度報酬改定前)について
参考-2 サービス提供1回当たりの管理的経費について
(5) 看護職員の配置基準の緩和
(6) 地域密着型通所介護に係る基準の創設
(7) 小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置
(8) 通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行
(9) 通所介護と新総合事業所における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い
参考-1 サービスの種類(典型的な例)
参考-2 通所型サービスと通所介護を一体的に実施する場合の介護給付の基準
(10) 夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化
参考-1 夜間及び深夜に指定通所介護以外のサービスを提供する事業所への対応
参考-2 通所介護等の設備を利用して宿泊サービスを実施する場合のガイドラインの概要
(11) 送迎時における居宅内介助等の評価
(12) 延長加算の見直し
(13) 送迎が実施されない場合の評価の見直し
報酬のイメージ
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ