短期入所生活介護

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,緊急短期入所,加算,基準,報酬,基本,小規模多機能型居宅介護,複合型サービス


短期入所生活介護

改定事項と概要【短期入所生活介護 介護保険制度改正2015】

(1) 緊急短期入所に係る加算の見直し
緊急時の円滑な受入れが促進されるよう、緊急短期入所に係る加算を見直し、緊急短期入所受入加算の要件緩和と充実を図る。

(2) 緊急時における基準緩和
介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合などのー定の条件下においては、静養室での受入れを可能とする。(運営基準事項)

(3) ADL・IADLの維持・向上を目的とした機能訓練を実施している事業所の評価
利用者の居宅を訪問し計画を作成した上で、個別の機能訓練を実施する場合、新たな加算として評価する。

(4) 重度者への対応強化
重度者の増加に対応するため、手厚い健康管理と医療との連携を評価する。

(5) 長期利用者の基本報酬の適正化
長期間の利用者は、利用実態を鑑み、基本報酬を適正化する。

(6) 緊急時における短期利用や宿泊ニーズへの対応
基準該当短期入所生活介護の提供は、一定の条件下において、静養室等での実施を可能とする。また、小規模多機能型居宅介護事業所に併設して実施することも可能とする。(運営基準事項)

小規模多機能型居宅介護及び複合型サービスの宿泊室に空床がある場合で、一定の条件下において、登録者以外の短期利用を可能とする。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

短期入所生活介護の別の呼称はショートステイです。ただし、ショートステイには医療系施設のショートステイと福祉系施設のショートステイがあります。ケアマネになられたら、医療度の高い利用者さんは医療系ショートステイ、別名、短期入所療養介護を活用するほうがベターと思われます。ここで、理解しておきたいことは、ショートステイは2種類あることと、通所介護に無理やり格安で宿泊させる(お泊りデイ)とはぜんぜん性質が違うことを理解しておきましょう。法的担保があり安心して宿泊できるのは、短期入所生活介護と短期入所療養介護です。

お泊りデイは、事故が起きたときの法的な担保がありません。(衛生上、感染対策、職員体制、防火設備、サービス規定、事故対応、等・・・・、法の支配が及びません、介護保険の制度のスキマをついて誕生したどさくさのサービスなので・・・・・ただし、能力があり・信頼できるお泊りデイは別ですか・・・・・)

他にショートステイは、特定施設や認知症対応型共同生活介護等の空きベッド等がある場合でも利用できます。
重度者への対応の強化の具体的な内容は、下記の(4)で確認しておきましょう。


短期入所生活介護
(1) 緊急短期入所に係る加算の見直し
(2) 緊急時における基準緩和
(3) ADL・IADLの維持・向上を目的とした機能訓練を実施している事業所の評価
(4) 重度者への対応の強化
(5) 長期利用者の基本報酬の適正化
(6)-1 緊急時における短期利用や宿泊ニーズへの対応
(6)-2 緊急時における短期利用や宿泊ニーズへの対応
報酬イメージ(1日あたり)
基準等
参考 基準該当短期入所生活介護について

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ