介護用語集【ち】


用語集トップに戻る

用語 意味
地域ケア会議 地域ケア会議は1高齢者個人に対する支援の充実と、2それを支える社会基盤の整備とを同時に推進し、「地域包括ケアシステム」を実現させるための重要な一手法。
地域包括支援センターまたは市町村が主催し、設置 ・ 運営する「行政職員をはじめ、地域の関係者から構成される会議体」と定義されている。
構成員は、「会議の目的に応じ、行政職員、センタ−職員、介護支援専門員、介護サービス事業者、保健医療関係者、民生委員、住民組織等の中から、必要に応じて出席者を調整する」とされている。
地域援助技術
(ちいきえんじょぎじゅつ)
地域診断、社会サービスの開発、地域組織のコーディネート、各機関や組織との連絡や調整などに用いられ、通常は地域社会の中で、地域社会に共通する福祉ニーズや課題の解決のために、住民組織や専門機関などの活動をソーシャルワーカーが専門的に援助する技術。
地域支援事業
(ちいきしえんじぎょう)
市町村による、要支援や要介護になるおそれのある高齢者に対して、介護予防のためのサービスが地域包括から提供されます。
地域支援事業とは市町村で行うもので、介護給付・予防給付とは別に、被保険者(介護保険)が要介護状態になることを予防(介護予防)し、要介護状態等になった場合も住み慣れた地域でできるだけ自立した生活が送れるように実施するものです。
地域支援事業は次の3つの事業からなります。
1介護予防事業 2包括的支援事業 3任意事業
地域支援事業支援交付金
(ちいきしえんじぎょうしえんこうふきん)
(交付の目的)
この交付金は、市町村(特別区、一部事務組合及び広域連合等を含む。以下同じ。)が、介護予防事業、包括的支援事業(介護予防ケアマネジメント業務、総合相談支援業務、権利擁護業務及び包括的・継続的ケアマネジメント支援業務をいう。以下同じ。)及びその他の地域支援事業を行うことにより、被保険者が要介護状態又は要支援状態
(以下「要介護状態等」という。)となることを予防するとともに、要介護状態等となった場合においても、可能な限り、地域において自立した日常生活を営むことができるよう支援することを目的とする。
地域包括支援センター 地域包括支援センターは、公正・中立な立場から、
(1)総合相談支援
(2)虐待の早期発見・防止などの権利擁護
(3)包括的・継続的ケアマネジメント支援
(4)介護予防ケアマネジメント
という4つの機能を担う地域の中核機関です。

運営主体:市町村、在宅介護支援センターの運営法人(社会福祉法人、医療法人等)その他市町村から委託を受けた法人
職員体制:保健師(又は地域ケアに経験のある看護師)、主任介護支援専門員、社会福祉士の3つの専門職種又はこれらに準ずる者


地域包括支援センター運営協議会 地域包括支援センターの中立性・公平性を確保するため、センターの設置等に関する事項の承認に関すること、センターの職員の確保に関すること、センターの運営・評価に関すること、その他の地域包括ケアに関することについて協議を行う。
地域密着型サービス事業 能な限り住み慣れた地域で生活が継続できるように、様々なサービスを適時・適切に提供するサービス体系です。具体的には以下の、「小規模多機能型居宅介護」、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」、「夜間対応型訪問介護」、「認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)」、「認知症対応型通所介護」などのサービスがあります。
地域密着型介護老人福祉施設
(ちいきみっちゃくがたかいごろうじんふくししせつ)
入居定員が29人以下の特別養護老人ホームを指します。
2005年の介護保健制度改正により、2006年から新設された地域密着型サービスの新規介護サービスとして、介護老人福祉施設入居者生活介護から独立しました。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
(ちいきみっちゃくがたかいごろうじんふくししせつにゅうしょしゃせいかつかいご)
地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での、入浴・排泄・食事などの介護など日常生活上のお世話や機能訓練、健康管理と療養上のお世話を受けるサービス。
地域密着型介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームのうち、入居定員が29人以下の施設。
地域密着型特定施設入居者生活介護
(いちきみっちゃくがたとくていしせつにゅうきょしゃせいかつかいご)
地域密着型特定施設入居者生活介護とは、有料老人ホームその他第11項の厚生労働省令で定める施設であって、その入居者が要介護者、その配偶者その他厚生労働省令で定める者に限られるもの(以下「介護専用型特定施設」という。)のうち、その入居定員が29人以下であるもの(略)に入居している要介護者について、当該地域密着型特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話をいう。(法8条の19項)
中心静脈栄養
(ちゅうしんじょうみゃくえいよう)
介護認定調査における特別な医療に関する項目の1つ。消化器疾患などのため経口摂取できない患者の大静脈にカテーテルを挿入し、これによって高カロリー輸液を行う栄養法のことをさしている。 
中途覚醒
(ちゅうとかくせい)
すぐに眠りにつくことが出来るものの、朝までに何度も目が覚めてしまうといった症状。
聴能訓練士
(ちょうのうくんれんし)
耳などの障害により、聞く能力に支障がある聴覚障害者に対して、医師の指示に基づき、その回復のための治療をしたり、リハビリテーションを行ったり、聴力検査や補聴器の選択・便用方法の指導等を行ったりする専門職。 

腸管
(ちょうかん)
腸.小腸,大腸
調整交付金
(ちょうせいこうふきん)
市町村ごとの介護保険財政の調整を行うため、全国ベースで給付費の5%相当分を交付するものであり、以下の2つがある。
(1)普通調整交付金
第1号被保険者のうち75歳以上である者の割合(後期高齢者加入割合)及び所得段階別被保険者割合の全国平均との格差により生ずる保険料基準額の格差調整のために交付されるもの
(2) 特別調整交付金
災害等の特別な事情がある場合に交付されるものであり、普通調整交付金の残額が特別調整交付金の総額となる。
長座位
(ちょうざい)
足を長く伸ばして座っている姿勢のこと。 
長寿社会福祉基金
(ちょうじゅしゃかいふくしききん)
高齢者保健福祉推進10か年戦略(ゴールドプラン)に設置が掲げられているもので、主として、在宅福祉・在宅医療事業の支援、高齢者の生きがい・健康対策の推進、の振興を図るため、700億円の基金を設置するというものである。 
直接援助技術
(ちょくせつえんじょぎじゅつ)
社会福祉援助技術において、要援護者の問題解決を図るにあたり、要援護者に直接的に働きかける援助のことをいう。 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ