介護用語集【け】


用語集トップに戻る

用語 意味
ケアカンファレンス 事例の援助過程において、的確な援助を行うためにケアマネージャーが主催し、援助に携わる者が集まり、討議する会議のこと。
ケアハウス 老人福祉法に規定する軽費老人ホームの一種。60歳以上または、配偶者どちらかが60歳以上の人で、身体機能の低下または高齢者のため独立して生活するには不安がある人が自立した生活を継続できるよう構造や設備の面で工夫された施設。プライバシーや自立した生活を尊重した構造となっており、各種相談、食事、入浴のサービスの提供のほか、緊急時の対応機能も備えている。
ケアプラン 個々のニーズに合わせた適切な保険・医療・福祉サービスが提供されるように、ケアマネージャーを中心に作成される介護計画のこと。サービスの種類や回数、時間帯、事業者等が決められます。
ケアマネージャー 援助のすべての過程において、利用者の自立を助けるための専門知識と技術を持ち、利用者と社会資源の結び付けや関係機関・施設との連携など、生活困難な利用者が必要とする保険・医療・福祉サービスの調整を図る(ケアマネジメント)役割をもつ援助者のこと。
ケアマネジメント 生活困難な状態になり援助を必要とする利用者のニーズを明確にし、保険・医療・福祉サービスを受けられるように調整することを目的とした援助展開の方法。
ケーススタディ 社会福祉援助においては、サービス利用者の問題や性質が、援助過程でどのように対処されたかを観察・分析することで、援助者の着眼点や洞察力を深めていく目的のもの。
ケースワーカー 社会生活の中で困難や問題をかかえ、専門的な援助を必要としている人に対して、社会福祉の立場から、解決を図るための相談や援助を行う専門家のことです。
ケリーパッド 就床患者の洗髪時に使用する洗髪器。ゴム製の用具で、頭をパッドの中に入れ洗髪し、汚水を一方向に流れるように工夫されている。
経管栄養
(けいかんえいよう)
食事を口から摂れない患者に対して、鼻や腹部に形成した穴からチューブを使って栄養補給を行うこと。
消化管機能自体が正常であれば、経管栄養を行うのが最良ですが、消化管の異常をきたしている場合は、末梢静脈や中心静脈から経静脈栄養を行うことになる。
経口摂取
(けいこうせっしゅ)
口から飲食物をとること。
経腸栄養法
(けいちょうえいようほう)
消化管の機能は保たれているが食物の経口摂取が困難な場合に、消化をあまり必要としない栄養剤(濃厚流動食、半消化熊栄養剤、消化態栄養剤があり、消化機能の状態によって使い分ける)を管などを用いて胃または小腸に直接注入する方法。
軽費老人ホーム 老人福祉法に基づく老人福祉施設の一種。無料または低額な料金で高齢者を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする入所施設。給食サービスがあるA型と自炊のB型およびケアハウス の3種がある。


芸術療法
(げいじゅつりょうほう)
芸術療法とは、絵画療法、造形療法、箱庭療法、音楽療法、劇療法など、芸術活動を用いた心理療法または援助方法の総称を指す。身体を使って自己表現することにより、日々の不安・緊張から開放され、また同時に自分を冷静に見つめ直す機会が得られ、結果、心身の調整や自我の強化、社会環境への適合など様々な効果を得ることができる。
結核
(けっかく)
結核菌の感染による慢性および急性の炎症性疾患。主に気道からの飛沫感染による。肺結核症が多いが、肺以外には、骨・関節結核・腎・尿路結核、性器結核、リンパ節結核、腸・腹膜結核などがある。肺結核の主症状は、咳、痰、血痰、全身倦怠感などである。
血液障害
(けつえきしょうが)
血液成分の過不足、血液生成の過程での障害により起こる疾患。主な疾患として、貧血、悪性貧血、白血病等がある。
血管性認知症
(けっかんせいにんちしょう)
脳の血管障害、脳梗塞や脳出血によって起こる認知症を意味する。
血小板
(けっしょうばん)
血液の成分の一つで、欠陥の損傷に反応し、出血を止める働きをする。
血小板の数が減少したり、その機能が低下すると、出血が止まりにくくなります。青あざができたり、出血がなかなか止まらなかったり、鼻血が出やすいなどの状態が現れる。血小板の数が多くなりすぎると、血液が固まりやすくなり、血液が固まってできた血栓が血管をふさいで、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が高くなる。
血清アルブミン値 肝臓で合成される蛋白質。
異常値で疑われる病気
低下
・産生の低下(肝障害、慢性炎症性の病気)、
・体外(蛋白尿、下痢、重症の火傷)への漏出、
・代謝亢進(甲状腺機能亢進症、慢性の炎症性の病気)、
・栄養不良(低栄養、消化吸収障害)で起きます。
また血液希釈でもアルブミン濃度は軽度低下(浸透圧低下)します。

増加(浸透圧上昇)
・脱水症(日射病など)以外では認められません。

血清クレアチニン値 筋肉の中にはクレアチンリン酸と呼ばれるエネルギーを貯めた窒素化合物が含まれています。これが酵素の働きによってクレアチンに分解されるときエネルギーを放出し、そのエネルギーを使って筋肉は動きます。クレアチンは役割を終えると、クレアチニンという物質に変えられます。
体内の窒素は腎からしか排泄されませんので、クレアチニンも血液を介してすべて腎臓より尿中に排泄されます。このためクレアチニンの血中濃度は腎機能(ろ過能)の指標として用いられています。
腎疾患の進行とともに、腎機能が正常の半分以下に低下すると血清クレアチニン濃度は上昇し始めます。
健康教育
(けんこうきょういく)
老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、心身の健康についての自覚を高め、関連知識を啓発したり、普及するために行われる教育。市町村がおおむね40歳以上の居住者を対象に、保健学級等を開催している。


健康手帳
(けんこうてちょう)
老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、40歳以上の者を対象として、市町村が交付する、健康診査等の記録、医療の受給資格、医療の記録、医療の記録の補足等の内容が盛り込まれている。
健康診査
(けんこうしんさ)
老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、病気の予防や早期発見などのために医師が行う診断のこと。市町村が40歳以上の居住者を対象に実施し、問診、身体計測、血圧測定、検尿その他の各種検査からなる基本健康審査とこれに加え、各種がん検診や歯周病疾患検診、骨粗しょう症検診を同時に行う総合健康診査に分類される。
健康相談
(けんこうそうだん)
老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、医師や保健士あるいは栄養士などに健康の維持や増進などについて相談すること。市町村が健康相談室等を開設し、健康に関する相談を実施する一般健康相談の他に、糖尿病、病態別食生活、歯、老人健康相談を行う重点健康相談も実施されている。
健康保険法
(けんこうほけんほう)
(目的)
第一条  この法律は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。
健側
(けんそく)
障害を受けていない側を健側という(健手・健足など)。例えば、右脳血管疾患の場合においては左半身に麻痺が残ることが多い。この場合は右半身(右側)を健側と呼び、左半身(左側)を患側と呼ぶ。
権利擁護
(けんりようご)
自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、痴呆症の高齢者、障害者の代わりに、代理人が権利を表明すること
見当識
(けんとうしき)
自分の置かれている状況を正確に認識すること。人間的関係(自分の名前や家族との関係など)の認識、時問的関係(今日の日付など)の認識、地理的関係(今いる場所など)の認識などがある。痴呆性高齢者や意識障害などではこれらの認識ができなくなることがあり、これを失見当識、または見当識障害という。
幻覚
(げんかく)
精神病や分裂病、てんかん、薬物中毒などにみられる症状で、実際には存在しないものへの知覚。幻視、幻聴、幻嗅、幻触、幻味などの種類がある。
言語機能障害
(げんごきのうしょうがい)
医学的には、聞いて理解する、読んで理解する、聞いて模倣する、音読する、独自に話す、聞いて書く、見て書くなどの言語機能の障害として、失語症、構音障害、言語発達遅滞が定義されている。
言語障害
(げんごしょうがい)
構音障害といって、声を出したり発語するための動きや、調整が上手く行かなくなり、声が出にくい、声の大きさが不本意に変わる、声が震える、呂律が回りにくいなどの症状が現れる。こういった症状を言語障害という。そのため、コミュニケーションがとりにくくなり、さらに症状が進むと発語発声ができなくなることもあり、意思伝達が難しくなる。また、構音障害によるコミュニケーションのとりにくさから、話す意欲を失ってしまうという二次的な問題も起こることがある。
言語聴覚士
(げんごちょうかくし)
言語聴覚士はことばや聞こえなどのコミュニケーション機能に問題がある方、食べること・飲み込むことに問題がある方に対して専門的なサービスを提供し、支援する専門職です。
言語的コミュニケーション コミュニケーションには言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションがある。言語的コミュニケーションは発信者が言葉を使って相手と会話することをいい、この場合、発信者の声に出した言葉の意味と発信者の心情が相手に伝わる。一方、言葉は使わなくても、ジェスチャーや合図等で相手に発信者は心情を伝える場合がある。これを非言語的コミュニケーションという。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ