介護用語集【う】


用語集トップに戻る

用語 意味
ウイルス性肝炎 ウイルス感染による肝臓の炎症性疾患を指し、A~E型肝炎に分類できる。A型肝炎は流行性肝炎ともいい、RNAウイルスに汚染した飲食物の経口感染で黄疸や発熱を生じるが、1~2ヶ月で治癒し、再発や慢性化はない。B型肝炎は血清肝炎ともいい、DNAウイルスの血液感染による。多くは一過性のものであるが、慢性肝炎に移行して肝硬変や肝臓がんを起こすものもある。C型肝炎は輸血や性的接触により感染し急性から慢性肝炎に移行し、肝硬変や肝がんに進展することも多い。
ウェルナー症候群 常染色体劣性の遺伝性疾患。思春期以降、様々な老化徴候が出現することから、代表的な早老症候群の一つに数えられている。
ウォーターベッド 水が入ったマットレスが用いられているベッド。少しの体動でも圧力のかかる部分がかわり、また体重を水が点ではなく面で支えるため圧力が分散され、一部分が圧迫されることがなく褥瘡予防の効果がある。
運営推進会議
(うんえいすいしんかいぎ)
指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定地域密着型特定施設入居者生活介護事業所、指定地域密着型介護老人福祉施設が、 利用者、市町村職員、地域住民の代表者等に対し、提供しているサービス内容等を明らかにすることにより、 事業所による利用者の「抱え込み」を防止し、地域に開かれたサービスとすることで、サービスの質の確保を図ることを目的として、 各事業所が自ら設置することになっています。また、会議における活動状況の報告や要望、助言等は記録をし、公表することになっています。
運営適正化委員会
(うんえいてきせいかいいんかい)
都道府県社会福祉協議会に設置され、福祉サービス利用援助事業の適正な運営を確保及び監視とともに、福祉サービスに関する利用者等からの苦情を適切に解決するための機関
鬱病
(うつびょう)
憂欝の状態の特に深刻なものを指す。人生への不安が募り、悲観的・絶望的な感情が支配し、自分自身の価値を否定し、活動意欲がなくなり、体調がすぐれずに精神活動が抑制され、疲労感、食欲不振、不眠をともなう。初老期に発症する更年期うつ病や、高齢期の老人性うつ病等がある。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ