第20回ケアマネ試験予想合格基準点について

第20回ケアマネ試験の合格ライン、ボーダーライン、予想合格基準点について

 

ケアマネ受験、ご苦労様でした。大変お疲れのことと存じます。

介護保険制度も年々複雑化しながら、ケアマネ試験も第20回を迎えました。

ご存知のとおり、要介護者数等の増加数と、ケアマネの供給数の関係で、近年合格率が下がっていると考えられます。

試験問題の傾向の一貫性、妥当性を考えると、「なんだかな・・・・」「何ゆえこの問題???・・・・・」と首をひねる出題も見受けられます。

ケアマネの適正を図るには、様々な課題が山積していると感じている関係者も多数おられることでしょう。

この、一貫性と妥当性に疑問符がつく試験問題で、予想合格基準点を算出するには、手間と客観的なデータが必要となります。

予想合格基準点算出手順をご理解いただき、多くの善意ある受験生様のご協力のもと予想点を導き出したいと考えています。

よろしくお願い申し上げます。


■ アンケート手順

1. まずは、問題の難易度をアンケート調査します。

アンケート結果より、問題の難易度の低い順番に並べ替えます。

【易しい問題】、【中くらいの問題】、【難しい問題】、にグループ分けをして、過去の試験問題と比較します。

11番目、12番目、13番目、14番目、15番目、あたりの問題群の内容を評価します。

それを元に、例年より、難易度が上がった、下がった、同等を評価します。

 

2. 基準となる模範解答を元に、自己採点していただいた、得点アンケート調査(無記名式)します。

得点分布を見て、例年より平均点が上がったのか、下がったのかを比較します。

 

3. 過去の試験の合格率と合格基準点を比較します。

上記3つのプロセスを経て予想合格基準点を算出します。

 

冒頭に述べました、ケアマネの需要と供給の関係、研修の関係で、政策的に合格率の調整が入るものと思われます。

あくまでも目安ですので、11月28日まで、ドキドキしながら待つ受験生の、一助になればと存じます。

アンケートのご協力と、多くの参加者が集まるようご協力お願いします。

■アンケートは、一人1回のみ(重複投票はできない仕組みです)

 

結果につきましては、このページに加筆してまいりますので、更新して、ご覧ください。

アンケート数が少ない場合は、精度が下がることもご了承ください。

 

アンケートページ(無記名でスマホ、パソコンから、クリックするだけです。)

問題難易度・得点分布・受験生属性アンケートはこちらからです。

 

■お断り

例年、結果をせかす受験生がおられますが、問題を解析しながら、データーを取りながら実施しているため、個々のお問合せには対応しかねます。

目安として、1000件から2000件以上のデータが集まった頃に、結果を掲載する予定です。

ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

■信憑性の判断基準

介護支援専門員試験の過去問題の解説水準をご覧いただき、各自ご判断お願いします。

無料過去問題解説一覧

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ