解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題46


解説 第13回ケアマネ試験 問題46

01-green2

12回本試験福祉分野のトップを飾ったのは、そう、そうです!
予想通りのソーシャルワーク!!受験生のみなさまも『きたーーーーーーーーーーーっ』と思わず、ガッツポーズを心のなかでなさったのではないでしょうか。
過去の本試験においても、下記のようにソーシャルワーク関連問題が全15問のうち、大きな割合を占めています。
大切な、大切な、得点源となりますので、13回受験をご予定の方はソーシャルワーク関連問題・全問正解を目指してじっくり準備なさって下さいね。
◇ 17年度 : 3問(事例問題1問)
◇ 18年度 : 4問
◇ 19年度 : 2問
◇ 20年  : 4問(事例問題1問)
◇ 21年度 : 4問

福祉分野出題範囲として、総論Ⅱ 福祉論があげられ、内容は以下になります。
◆ 基礎面談・面接技術
※ 基本姿勢

※ コミュニケーションの技術
※ 隠されたニーズの発見

◆ ソーシャルワークとケアマネジメント
◆ ソーシャルワークの概要
※ 個別援助技術(ソーシャルケースワーク)
※ 集団援助技術(ソーシャルグループワーク)

※ 地域援助技術(ソーシャルコミュニティーワーク)
◆ 接近困難事例への対応
※ 援助困難事例への対応
※ 接近困難事例と問題状況の分類
※ 接近困難事例の理解とアプローチ


1×

20年度、問題49にも、ちゃっかり(?)、いえいえ、しっかり登場していましたね。インテーク面接とは利用者と面接者が、相談面接のために設定された場面で出会い、援助を必要とする状況と課題を確認し、機関や制度の提供できるサービスと突き合わせてその後の援助の計画を話し合い契約を結ぶまでのプロセスとされます。必ずしも1回で終わるということはなく、複数の面接員、複数の専門職による面接を必要とする場合もあります。オンライン模試Ver.3.2でも登場しましたね。

 

2○

設問のとおりです。オンライン模試Ver.3.1でも登場したのでトライした方は得点に結びつけていただけたとおもいます。


3×

面接においては客観的な事実やその過程を尋ねるだけでなく、それら事実に伴う感情に積極的に目を向け、感情を表出する機会を与えることが相談そのものを実質的にするとされます。

 

4○

設問のとおりです。

 

5×

設問1と同じく20年度 問題49では、インテークにおける記録の重要性も問われています。
インテークには、特に正確、迅速な記録が求められます。相談にあたった面接者のみが情報を有していては、所属機関の他の職員がクライエントに対して対応できないこともあります。
これも合格オンライン模試で登場の鉄板問題ですね。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ