解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題48


解説 第13回ケアマネ試験 問題48

01-green2

3つに分類されるソーシャルワークに関する出題も、近年の本試験の傾向といえます。
相談・面接においては、ソーシャルケースワークを問うことにもなりますので、他の2つであるソーシャルグループワーク(集団援助技術)もしくは、ソーシャルコミュニティーワーク(地域援助技術)のうちから1問出される可能性が高いことに。

事例問題としても作成しやすいので、地域援助技術についても基礎的な知識はもっておきたいところです。

少しさかのぼりますが、16年度 問題49は、コミュニティーワークに関する良問ですので、ぜひご確認ください。


1×

【 地域 】を構成しているのは、専門職の人たちだけではないですよね。
誰もが地域の一員であり、実にさまざまな人が集まり、支えあって、地域は成り立っています。
こんな視点から設問をお読みいただければ、地域援助技術がこれからケアマネージャーとして活躍をなさるみなさまにとって大いに役立つ知識であることに気づかれると思います。

 

2○

適切と考えます。

 

3×

コミュニティーワークのもつ機能の1つと考えられます。

 

4×

コミュニティーワークのもつ機能の1つと考えられます。

 

5○

適切と考えます。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ