解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題51


解説 第13回ケアマネ試験 問題51

01-green2

介護の現場では、デイ(デイサービス)と呼ばれることのほうが多い、通所介護ですが、まずはその【基本方針】をしっかりつかんでおくことが大切です。
【基本方針】
指定居宅サービスに該当する通所介護の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的並びに精神的負担の軽減を図るものでなければならない。

福祉分野出題範囲として、通所介護方法論の内容は以下になります。
◆ 通所介護の意義・目的
◆ 通所介護サービス利用者の特性

◆ 介護支援サービスと通所介護


1○

設問のとおりです。
基本方針をご参照ください。

 

2×

受験生さんのバックボーンによっては、デイサービスを実際にご覧になったことがない場合もあると思います。
できれば見学がベストですが、難しいようであれば、関連DVDなどの視聴、事業所パンフの入手などで、頑張って全体像をつかんでくださいね。
参考書の文章だけでは、限界もあります。

さて、ケアプラン作成は、ケアマネージャーですが、デイサービスにおける、通所介護計画を作成するのは???
正解は、通所介護事業所に勤務する、【管理者】の方になります。
先に居宅サービス計画(ケアプラン)が出来上がっていれば、通所介護計画はその内容に沿ったものとすることが義務付けられています。


3×

このタイプの問題が過去にも登場していますが、口頭で示せばよいという部分が誤りですね。
>指定通所介護事業所の管理者は、通所介護計画を作成した際には、当該通所介護計画を利用者に交付しなければならないと規定されています。
交付とは、わかりやすく言い換えれば、書類を発行することです。

 

4○

設問のとおりです。
合格オンライン模試でも、まったく同じ問題がありましたね。

 

5○

設問のとおりです。
既に居宅介護サービス計画が作成されている場合は、当該居宅サービス計画の内容に沿って作成しなければならない。
さらには、既に訪問看護計画書が作成されている場合は、当該訪問看護計画書の内容と整合を図りつつ、作成しなければならないとされています。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ