解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題52


解説 第13回ケアマネ試験 問題52

01-green2

福祉用具貸与の基本方針をまず、お読みいただきましょう。
「指定居宅サービス該当する福祉用具貸与の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことがでるよう、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえた適切な福祉用具の選定の援助、取り付け、調整等を行い、福祉用具を貸与することにより、利用者の日常生活上の便宜を図り、その機能訓練に資するとともに、利用者を介護する者の負担軽減を図るものでなければならない。」

 

1○

設問のとおりです。公園などにあるレンタルサイクルコーナーのように、ただ注文された商品を貸し出す事業では決してないことがご理解いただけたと思います。


2×

介護保険では、居宅要介護者等を対象にする福祉用具を、【貸与】と、【購入】に分類しています。
【貸与種目】
※ 車椅子およびその付属品
※ 特殊寝台およびその付属品
※ 床ずれ防止用具
※ 体位変換器

※ 手すり

※ スロープ
※ 歩行器

※ 歩行補助杖
※ 認知症老人徘徊感知器
※ 移動用リフト(つり具を除く)

※ 段差解消機

※ 浴槽用昇降座面

【購入種目】
※ 腰掛便座
※ 特殊尿器
※ 入浴補助用具
※ 簡易浴槽
※ 移動用リフトのつり具の部分

ちなみに、移動用リフトのつり具は多くの種類のなかから選ぶことが可能です。リフトの機種を決めると、つり具の機種が選定されてしまうということはありません。


3×

この設問のせいで・・・(号泣)という、受験生さんも大勢おられるとおもいます。消毒等については、衛生管理等としていくつもの規定があります。

『指定福祉用具貸与事業者は、回収した福祉用具を、その種類、材料からみて適切な消毒効果を有する方法により速やかに消毒するとともに、既に消毒が行われている福祉用具と消毒が行われていない福祉用具とを区分して保管しなければならない。指定福祉用具貸与事業者は、福祉用具の保管又は消毒を委託等により他の事業者に行わせることができる。この場合において、当該指定福祉用具貸与事業者は、当該委託等の契約の内容において保管又は消毒が適切な方法により行われることを担保しなければならない。』

 

4○

設問のとおりです。

 

5×

この設問にも、泣かされた受験生さん、多数かもしれません・・・。結論から先に申しあげれば、どちらも同じ金額です。居宅介護福祉用具購入費支給限度基準額及び介護予防福祉用具購入費支給限度基準額については、介護保険法第44条第5項及び第56条第5項の規定に基づき、10万円と規定されています。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ