解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題55


解説 第13回ケアマネ試験 問題55

01-green2

さかのぼること、2009年、2008年、2007年、2006年、そして、2005年・・・。
『どおーーーーも、2005年あたりから記憶が無いのじゃ。』と、遠い目をなさる受験生さんがきっと、きっと、きっと、多数おられることとおもいます。
業界激震の法改正が行われた年ですね。
要支援状態が2種類になり、介護予防支援、介護予防サービス、地域密着型サービス創設などてんこ盛り。
それまでは要支援の方のプランも、利用者さんからの依頼を受けて居宅介護支援事業者が作成できましたが、改正後は、介護予防支援事業者(地域包括支援センター)が原則として担当することになりました。
居宅介護支援事業者に委託することも可能ですが、あくまで、【い・た・く】です。
最終責任は介護予防支援事業者ですので、ほう・れん・そうは必須。報告、連絡、相談は居宅介護支援事業者に限りません。
介護予防サービスに位置づけられた各種サービス事業者も当然に、介護予防サービス計画を作成した介護予防支援事業者への報告、連絡、相談を行います。


1×

突然ですが・・・
みなさまは、設問をお読みになるとき、どんな風になさってますか?

① そのまま、集中して黙読。
② 大事と思う箇所に波線とか入れながら。
③ 固有名詞や文節など、区切りごとに斜線を入れながら。
もしも、この設問で1点を逃したならば、もしも、14回で上位合格でリベンジ!を密かに誓っておられるならば・・・・ ③が、おすすめです。
>設問の文章は、こんな感じで、【斜線を入れながら】をお試しになってみてくださいね。

★ 介護予防通所介護事業所の/ 管理者は/ モニタリングの/ 結果を踏まえ/ 必要に/ 応じ/介護予防サービス計画の/ 変更を/ 行う。
これなら、介護予防サービス計画の部分が、真犯人って、気づきますよね。
介護予防通所介護事業所の管理者が作成するのは、介護予防通所介護計画となります。


2×

正しくは、1ヶ月に、1回となります。

内緒ですが、試験において【数字】に関する設問は、ぶっちゃけ、【ひっかっけ問題】の場合が多いのでみなさま御注意ください。
オンライン模試Ver.3.3でも登場した問題です。

 

3○

設問のとおりです。

 

4○

設問のとおりです。

 

5○

設問のとおりです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ