解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題57


解説 第13回ケアマネ試験 問題57

01-green2

福祉分野出題範囲として、公的サービスおよびその他の社会資源導入方法論があげられます。
◆ 自立支援のための総合的ケアネットワークの必要性
◆ 社会資源間での機能や役割の相違
◆ フォーマルな分野とインフォーマルな分野の連携の必要性

社会資源に関する出題として、過去の本試験では17年、問題57、20年、問題58、があります。
後半あと4問ほどと、疲れが出る頃を狙っての(?)カタカナ・オンパレード文章に負けず、絶対取りこぼさないことが大切です。
全15問と、もっとも問題数が少ない福祉分野では、たった1つの設問が、運命を決めることになるからです。


1×

要介護者のかた達を地域で支援してくには、公的サービスを中心とするフォーマルな分野のサービスと家族、親戚、友人、近隣、ボランティアなどによる、インフォーマルなサポートの両方が必要不可欠です。
両者をあわせたものが、ケアの社会資源となります。

 

2○

設問のとおりです。
サービス担当者会議は、事業者間だけのものではありません。
ケアマネージャーが主催者となり、要介護者やその家族、居宅介護サービス計画にあるサービス提供機関の職員が参加して、ケアマネージャーが作成した居宅サービス原案について、専門的な意見等を述べ合い、修正を加えつつ居宅サービス計画の最終決定を行う場となります。


3○

設問のとおりです。

 

4×

介護支援専門員には、下記のように総合的な居宅サービス計画の作成が義務付けられています。

「介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成に当たっては、利用者の日常生活全般を支援する観点から、介護給付等対象サービス以外の保険医療サービス又は福祉サービス、当該地域の住民による自発的な活動によるサービス等の利用も含めて居宅サービス計画上に位置づけるよう努めなければならない。」

 

5×

自治会や民生委員、児童委員などもまた、ケアマネージャーが活用すべき社会資源として位置づけられます。(というか、お世話になる機会がいっぱいあります!!)




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ