解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題32


解説 第13回ケアマネ試験 問題32

01-green2

人間のからだは、実に上手につくられていて、ふだは口腔、鼻、気管は呼吸をするために外部に開かれた状態にありますが、いったん口から食べ物を入れると鼻腔や気道に食物が紛れ込まないよう閉じられ、さらに蠕動運動によって食物は食道をとおって胃に送られる仕組みになっています。

 た・だ・し!!! 食物が口に入ると、口頭蓋が倒れ気道が閉じられ食物は食道に入るのですが、完全に気道が閉じられることがないため、誤嚥(むせ)が起きる原因となります。

本来、誰にでも起こりうる、【むせ】。ここに、加齢に伴う嚥下反射の低下や、脳神経系疾患による嚥下障害などが加われば、誤嚥をおこしやすくなるのは当然のことともいえます。高齢者にとって、【むせ】は苦しいだけでなく、誤嚥がもとで窒息したり、誤嚥性肺炎の原因にもなります。

 【 STOP THA 誤嚥 】は、食事の介護の合言葉ですね。


1×

明らかに誤った対応ですね。みなさまなら、どのような対応を試みられますか??

 

2○

設問のとおりです。br>
液体よりも、ばらばらになりにくい、ドロドロした状態(ピューレ状)や半固形状のものが飲み込みやすいとされます。
水などのサラサラしたものが、実は誤嚥を誘発・・・。
介護の仕事に関わるには、やはり学ばなければならないことが多いと実感しますね。
とろみをつける補助剤はドラッグストアなどにも置かれています。
見たことない!受験生さんは、一度お店でチェックを。


3×

摂食をはじめる段階での、アイスクリームやヨーグルトなどの冷たい食品は飲み込みを促すとされますので、上手に取り入れたいものです。

 

4○

設問のとおりです。
デイや施設に勤務の受験生さんは、嚥下体操としておなじみでしょう。
いきなり食事を始めると、ひとくちめでむせてしまうことも多いもの。
深呼吸や口を動かすなどしてから食べ始めるようにします。
また、飲み込むときは、できれば少し息をとめて、口をしっかり閉じて。
>調理の工夫ももちろんですが、【食べ方への配慮】も誤嚥のある人への食事の介護では必須となります。

 

5○

設問のとおりです。

18年本試験、問題31でも、同じ趣旨の出題が見られます。
【あごを少し引いて】の姿勢をとることが基本ですね。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ