解説 第13回介護支援専門員実務研修受講試験 問題5


解説 第13回ケアマネ試験 問題5

01-green2

介護保険は保険料と税金(公費)で成り立っています。(1割自己負担もありますが)被保険者は介護保険制度においては、非常に重要な位置づけにあるといっても過言ではありません。
◆概略 第1号被保険者数 22年7月現在で約2900万人
    第2号被保険者数 21年4月現在で約4240万人
これだけの多くの方により介護予防サービス約86万人、介護サービスで約320万人の要介護高齢者を支えている制度です。12回試験で被保険者の問題を出さなかった点については、試験問題に対して強い不信感があったことを覚えています。

余談はさておき、やはり、被保険者関連の問題では、得点を取っておきたいものです。
被保険者に関連する過去問題を一通り解いて、被保険者の定義や介護保険法に書かれていることを読み込んだ受験生は得点できていると思われます。
介護保険法施行規則第170条を読み込んで、根拠がどこにあるか知っておくことが重要となるでしょう。
◆170条2項抜粋(適用除外施設)
施行法第十一条第一項 の特別の理由がある者で厚生労働省令で定めるものは、次に掲げる施設に入所し、又は入院している者とする。
一  児童福祉法第四十三条の四 に規定する重症心身障害児施設
二  児童福祉法第七条第六項 の厚生労働大臣が指定する医療機関
三  独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法第十一条第一号 の規定により独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園が設置する施設
四  ハンセン病問題の解決の促進に関する法律第二条第二項 に規定する国立ハンセン病療養所等
五  生活保護法第三十八条第一項第一号 に規定する救護施設
六  労働者災害補償保険法 (昭和二十二年法律第五十号)第二十九条第一項第二号 に規定する被災労働者の受ける介護の援護を図るために必要な事業に係る施設(同法 に基づく年金たる保険給付を受給しており、かつ、居宅において介護を受けることが困難な者を入所させ、当該者に対し必要な介護を提供するものに限る。)
七  障害者支援施設
八  指定障害者支援施設を受けて入所している知的障害者及び精神障害者に係るものに限る。
九  障害者自立支援法第二十九条第一項 の指定障害福祉サービス事業者であって、障害者自立支援法施行規則第二条の三 に規定する施設


1× 【5訂 第1巻53P】

介護保険の被保険者の適用除外を学習済みの方は、被保険者となる場合、ならない場合の区別ができたのではないでしょうか。

 

2○ 【5訂 第1巻53P】

設問のとおりです。


3× 【5訂 第1巻53P】

児童福祉法第四十三条の四 に規定する重症心身障害児施設は、適用除外施設になります。

 

4× 【5訂 第1巻53P】

生活保護法第三十八条第一項第一号 に規定する救護施設は、適用除外施設になります。
よって、被保険者となりません。

 

5○ 【5訂 第1巻52P】

住所要件を満たさないので被保険者とはなりません。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ