平成24年 介護支援分野①


問題1 要介護者等を取り巻く状況について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると,85歳以上の者のおおむね2人に1人が要支援・要介護認定を受けている。
2 国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると,要支援・要介護認定を受けた者は高齢者人口の17.9%である。
3 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると,今後,後期高齢者の増加が著しいと見込まれている。
4 国民生活基礎調査(平成22年)によると,要支援者のいる世帯は三世代世帯が最も多い。
5 近年の人口の都市集中化現象により,子との同居率は高まっている。

 

 

解答1・2・3

☆☆解説☆☆

 

問題2 介護保険の国の事務について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅介護支援事業の人員・運営基準の設定
2 要介護認定不服審査基準の設定
3 居宅介護サービス費等種類支給限度基準額の設定
4 居宅介護サービス費等区分支給限度基準額の設定
5 第2号被保険者負担率の設定

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆


問題3 保険者における介護保険の会計について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険に関する収入及び支出については,特別会計を設けなければならない。
2 特別会計は,保険事業勘定と介護サービス事業勘定に区分する。
3 特別会計の運営は,介護保険法や地方自治法などの諸規定に従って行う。
4 財政安定のため,都道府県に委託して行うことができる。
5 町村にあっては,一般会計の中で行うことが認められている。

 

 

解答1・2・3

☆☆解説☆☆

 

問題4 社会保険について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護保険は,職域保険に位置づけられる。
2 厚生年金保険は,被用者保険に位置づけられる。
3 労働者災害補償保険は,社会保険ではない。
4 医療保険は,業務外の事由による疾病,傷病等を保険事故とする。
5 医療保険の被用者保険の保険者は,全国健康保険協会及び健康保険組合のみである。

 

 

解答2・4

☆☆解説☆☆


問題5 定期巡回・随時対応型訪問介護看護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 提供するサービスは,定期巡回サービス,随時対応サービス及び訪問看護サービスの3つである。
2 主治の医師が認めた居宅要介護者以外は,給付対象とならない。
3 「介護・看護一体型」の場合には,理学療法士,作業療法士又は言語聴覚士を事業所に配置することができる。
4 訪問看護サービスを行うのは,看護師に限られる。
5 入浴の介護も行うことができる。

 

 

解答3・5

☆☆解説☆☆

 

問題6 指定都市・中核市以外の市町村の長が指定する事業者が提供するサービスとして正しいものはどれか。3つ選べ。

1 居宅療養管理指導
2 認知症対応型共同生活介護
3 地域密着型特定施設入居者生活介護
4 福祉用具貸与
5 定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆

 



問題7 介護保険法上の指定申請が必要のない居宅サービスとして正しいものはどれか。2つ選べ。

1 診療所が行う訪問介護
2 薬局が行う訪問看護
3 病院が行う通所介護
4 診療所が行う訪問リハビリテーション
5 薬局が行う居宅療養管理指導

 

 

解答4・5

☆☆解説☆☆

 

問題8 介護保険施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護老人福祉施設の指定を受けるためには,老人福祉法上の特別養護老人ホームの設置認可を別途受けている必要がある。
2 介護老人福祉施設は,市町村長への届出により施設の廃止ができる。
3 介護老人保健施設は,都道府県知事から開設の許可を受けたものである。
4 介護老人保健施設の開設者には,社会福祉法人も含まれる。
5 介護老人保健施設の開設許可は,医療法に基づき行われる。

 

 

解答1・3・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成24年  介護支援分野①
  • 平成24年  介護支援分野②
  • 平成24年  介護支援分野③
  • 平成24年  保健医療サービス分野①
  • 平成24年  保健医療サービス分野②
  • 平成24年  保健医療サービス分野③
  • 平成24年  福祉サービス分野①
  • 平成24年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ