No.279【ケアマネメルマガ】 2014年01月31日



01-green2

こんにちは、

合格オンラインの井上です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

住民の居住関係を公証する書類で、その様式は住民の利便性を考慮して市町村独自でもよいとされている

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、上記の文章が意味するのは、なにでしょう???

そうですね。
答えは・【住民票】です。

介護保険において住民票はとても大切になります。

被保険者の定義にあった住所を有するとは、基本的には住民基本台帳上住所を持っていることをさすからですね。

では、日本で暮らす外国人のかたがたは???

今までは、外国人登録法に基づき登録されていたのですが実は2012年に廃止され、

日本に長期にわたり居住する在日外国人や3ヶ月を超えて日本に在留する外国人等は住民基本台帳の適用対象となり住民票が作成されることとなりました。

では、下記のような人は?

◆日本国籍をもつ人が海外に長期滞在しており、日本に住民票がない場合・・・

この場合は、定義にある住所要件を満たさないため介護保険の被保険者となりません。

★★★★★★★★★★★★

介護保険の学習は、【基本+イレギュラー】が合言葉であります。

この、イレギュラー部分が試験では問われやすいのでしっかり理解を。

★★★★★★★★★★★★

それでは、良い週末をおすごしください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ