No.298【ケアマネメルマガ】 2014年04月08日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です

さて、本日の4月8日は【◆◆の日】なのだとか

皆さまなら語呂合わせで、◆◆に何を入れられますか???

答えは、
四(し)八(はつ)から【出発】になるそうです。

われら大人だって【元気よくスタート!!】ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

では、認定の学習です。

介護保険制度の最大の特徴それが、要介護認定ですね

そ・し・て。
認定には、3種の神器が存在します。

1つめ:一般調査項目
2つめ:特記事項
3つめ:主治医意見書

上の2つは、訪問調査で使用される全国共通の調査票に含まれる項目。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、3つめにあたる【主治医意見書】とは?

申請を受けた市町村は、職員による認定調査を併せ、申請した被保険者の主治の医師(主治医)から、被保険者の身体上・精神上の障害の原因である疾病負傷の状況等について医学的な意見を求めることとされています。

この、主治医の診断は認定の可否を判断するため必要な要件の1つです。

また、被保険者に主治医がいない場合、申請した被保険者は

市町村の指定する医師、またはその市町村の職員である医師の診断を受けなければなりません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

認定申請書には、主治医の氏名、医療機関名と所在地などの記入欄があります。

主治医意見書スルーしての認定は有り得ないことにどうぞ御注意くださいね。

それでは、良い1日を。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ