No.303【ケアマネメルマガ】 2014年04月25日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

この時期、大空を忙しく飛び交う、つばめたち。

つばめ返し、燕尾服、つばめの巣、列車つばめ号

旧国鉄スワローズからヤクルトに代っても列車の名前が残されたのですね

その昔は、つばくろとも呼ばれていたつばめ。

【日本救急救命士協会】のシンボルマークだってご存じでしたか??

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、少しだけ学習です。

要介護認定は2段階方式。

一次判定がコンピュータによるもの。
二次判定は人が集まり協議して行うものとなります。

この二次判定を行うのが【介護認定審査会】であります。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

認定に係る審査・判定を行う機関である介護認定審査会は、

要介護者等の保健・医療・福祉に関する学識経験者によって構成される専門機関であり、

市町村の附属機関として設置されます。

介護認定審査会の委員は市町村長が任命し、委員の任期は2年です。(再任OK!)

委員の定数は、被保険者の人数などを勘案して政令で定める基準に従い、

市町村の条例により定められます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【介護認定審査会】は、

市町村の求めに応じて、国(厚生労働大臣)が作成した全国一律の客観的な判定基準に従って審査・判定を行い、その結果を市町村に通知するのですね

【介護認定審査会】は、

この、審査・判定にあたり必要があると認めたときは被保険者、家族、主治医などの関係者から意見を聴くことができます。

文字数の関係で審査会の詳細は割愛いたしましたがぜひ、構成メンバーなどチェックなさっておいてくださいね。

それでは、良い週末を。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ