No.310【ケアマネメルマガ】 2014年05月20日


01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です

度量衡(量等の単位)を国際的な統一を目的として1875年の5月 20日。フランスで結ばれたのが【メートル条約】です。

誰もがあたり前のように使うメートルですが日本がいまに至るのは、11年の年月を経てからでした。


では、メートルつながりで1問どうぞ。

(問題)

在宅酸素療法として高圧ガスボンベを使用する場合には、2メートル以上火気から離し火気厳禁とする。

正解は、○ですね。

ボンベは40℃以上になる場所には置かないことも要注意となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では本日より新テーマの『区分支給限度規準額』の学習であります。

要支援1、2とか要介護1とか2といった要介護状態等区分ごとに保険給付の支給の上限の限度額が決められている。

このように

理解していただければわかりやすいと思います。

上限までなら保険給付なので、自己負担は原則1割に。

この上限額を超えた分は【全額自己負担】という厳しい掟なのですね。

医療保険なら風邪引きから大きな手術、長期の入院など利用するレベルは実にさまざまですよね。

あなたは、認定で●●度なので、ここまでしか保険が使えませんなんてこともありません。

介護保険の大きな特徴の1つでもあるのが区分支給限度基準額の設定ともいえるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ちなみに、区分支給限度基準額を設定するのは、国の役割です。

ここは、15回本試験の問題2に出題されていましたよね!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

次回も、この続きです。
それでは、良い1日を。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ