練習問題です! 2014年06月21日


01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です

じめじめ・むしむしかと思えば真夏日だったりとからだがついていかない御天気が続きますね。

からだの中に熱がこもりさらに水分代謝も滞ると健康な人でもしんどいもの

こんな時の合言葉は!!

【暑邪】と【湿邪】。

すこし苦味のある夏野菜は【暑邪】に。
ほんのり甘い旬の果物類は【湿邪】によいそうです。

さくらんぼに、スイカ。
ゴーヤ、枝豆、セロリで元気をチャージですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、練習問題をどうぞ。
1問1答テーマは栄養です

(1)
糖尿病の場合は、摂取エネルギーを制限して食物繊維の多い食品を摂取する

(2)
低栄養では浮腫や貧血が生じやすく免疫機能が低下するため感染症も起こりやすくなる。

(3)
栄養・食生活アセスメントに必要な情報は、食事調査身体計測、生理・生化学検査の結果などである。


(4)
糖尿病で肝炎を合併している場合にはエネルギー総摂取量を制限しつつ蛋白質をやや多めに摂取するようにする。

(5)
栄養・食生活の支援を行う際には身体計測、臨床審査食事調査等から得た情報が重要となる。

(6)
血清アルブミン値3・5g/dl以下では低栄養を疑う。

(7)
低栄養時には、貧血が生じやすい。

(8)
血清アルブミン値は高齢者の栄養状態を示す指標となる。

(9)
ヘモグロビンA1Cは、測定日以前の1から2ヶ月間の血糖状態を知るのに適している。

(10)
臨床徴候とは既往歴、現病歴、体重歴、さらに現在の健康状態や病気の状態から栄養状態を評価することをいう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたか??

1から8は過去問題。
9と10は井上が作成した問題です。

正解は、全部○ですね。

受験要項に記載のある試験出題範囲に沿っての学習スケジュールを作ると進捗具合の確認ができておすすめです。

それでは、良い週末を。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ