練習問題です。 2014年07月12日


01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です

本日12日は、『人間ドックの日』であることにちなみ医療練習問題をお届けいたします。

テーマはもちろん検査値!
1問 1答で トライを。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(1)
検査値において、最近では正常値より基準値が使用されることも多い。

(2)
身長の短縮は脊椎の圧迫骨折、円背などにより認められる。

(3)
身長短縮は骨そしょう症の早期発見の手がかりともなる。

(4)
急激な体重減少は糖尿病の悪化の程度を知るうえで有用とされる。

(5)
体重増加は心不全、肝硬変ネフローゼなどを把握するうえで有用とされる。


(6)
低蛋白血症を呈する疾患としてネフローゼ症候群があげられる。

(7)
加齢によりアルブミンは肝臓での合成が低下する。

(8)
脂質異常症は高血圧や糖尿病と並んで動脈硬化の危険因子である。

(9)
耐糖能低下により高齢者は経口糖負荷試験において負荷後の血糖は、高値を示すとされる。

(10)
胸部レントゲン検査により呼吸器疾患、心臓疾患の有無が判断できる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたか??
正解は全て(○)ですね。

第10回、11回と連続。
さらに、16回でも1問まるまるで登場したのが検査関連の問題です。

ここは、ぜ・ひ・と・も頑張って御得意様問題にいたしましょう!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ