社会福祉士 専門科目解説(就労支援サービス 問題143~146)

第28回社会福祉士国家試験 専門科目 試験問題の解説



●解答速報 共通科目 専門科目難易度・合格基準点 Webアンケート試験問題解説(共通科目)試験問題解説(専門科目)合格率学校別合格率(第27回)合格基準点掲示板求人情報年収・給与

問題84-90 社会調査の基礎
問題91-97 相談援助の基盤と専門職
問題98-118 相談援助の理論と方法
問題119-125 福祉サービスの組織と経営
問題126-135 高齢者に対する支援と介護保険制度
問題136-142 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
問題143-146 就労支援サービス
問題147-150 更生保護制度

難易度・解答 Webアンケート ご協力お願い致します。

専門科目:就労支援サービス

問題143

雇用・就労に関連する用語の説明として、正しいものを1つ選びなさい。

1 ティーセント・ワークとは、働きがいのある人間らしい仕事のことをいう。
2 ニードとは、就労に向けて職業準備中の若年者のことをいう。
3 ホワイトカラー・エグゼンプションとは、事務職の労働時間の厳格な制限のことをいう。
4 ワーク・ライフ・バランスとは、定年退職後に安定的な生活を図ることをいう。
5 ワーキングプアとは、就労できないために貧困状態になることをいう。

解答・解説

 

問題144

祉事務所の就労支援員の役割に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 期限を決めて就職活動を義務づける。
2 健康管理について指導する。
3 面接の受け方について支援する。
4 職業紹介をする。
5 ボランティア活動への参加を義務づける。

解答・解説

 

問題145

障害者就業・生活支援センターに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 公共職業安定所(ハローワーク)に代わり、職業紹介業務を行っている。
2 就業支援を担当する者と生活支援を担当する者が配置されている。
3 「障害者総合支援法」に基づき設置されている。
4 2015年(平成27年)5月現在、全国で21か所設置されている。
5 在職中の障害者は、支援対象とならない。

(注)「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

解答・解説

 

問題146

事例を読んで、B相談支援員(社会福祉士)の対応として、次のうち最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
Cさん(32歳、男性)は両親と同居している。大学卒業後直ぐに就職したが半年で離職し、その後、身の回りのことは自分でこなすが、積極的な就職活動などをすることなく自宅にとどまり、家族以外とは交流を持たない状態が10年近く続いている。今回、親に促されて、生活困窮者自立相談支援事業を実施するR市役所の相談窓口を訪れた。Cさんは「就職したいという焦りと、失敗するのではという不安がある」とB相談支援員に話している。

1 医療機関の受診を勧める。
2 求人情報誌の利用による求職を勧める。
3 障害者就業・生活支援センターの利用を勧める。
4 福祉事務所の相談窓口を勧める。
5 地域若者サポートステーションの利用を勧める。

解答・解説


問題84-90 社会調査の基礎
問題91-97 相談援助の基盤と専門職
問題98-118 相談援助の理論と方法
問題119-125 福祉サービスの組織と経営
問題126-135 高齢者に対する支援と介護保険制度
問題136-142 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
問題143-146 就労支援サービス
問題147-150 更生保護制度

難易度・解答 Webアンケート ご協力お願い致します。


●解答速報 共通科目 専門科目難易度・合格基準点 Webアンケート試験問題解説(共通科目)試験問題解説(専門科目)合格率学校別合格率(第27回)合格基準点掲示板求人情報年収・給与

このページの先頭へ